ハードコア・テクノ・ガイドブック オールドスクール編

クリックで画像を表示
ブレイクビーツ・ハウス・アシッド インダストリアル・ノイズ・メタルを飲み込みダンスミュージックとして展開した最初期ハードコア・テクノ!
272ページ+フルカラー仕様!

90年代前半に巻き起こったハードコア・テクノのムーブメントを作り上げたパイオニア、アンダーグラウンドで地道に活動を続け、裏側からハードコア・テクノを支えたアーティスト、ハードコア・テクノに新たな側面を付け足してサブジャンルの発展に関わったアーティストなど、出来るだけ多角的な視点でチョイス。
また、UKハードコアのチャプターではイギリスという国の特殊性とサンプリングミュージックの偉大な歴史をハードコア・テクノを通して解説しており、
デジタル・ハードコアのチャプターはブレイクビーツを主体としているが、当時のハードコア・テクノがどれだけの影響力を持ち、アンダーグラウンド・シーンの繋がりが強かったのかを改めて提示している。

そして、全体を通してもう一つのテーマに「Rave」がある。近年日本でも盛り上がりを見せているRaveミュージック/ カルチャーに関して、その当事者達に体験を語って貰っており、本邦初となる貴重な証言が多数載っている。

インタビュー・リスト:
■Marc Acardipane ハードコア・テクノのゴッドファーザーで今も活躍するパイオニア
■Lenny Dee キャリア30年以上のハードコア・シーンのアイコン的存在
■Delta 9 メタルとパンクとハードコア・テクノ/ガバ結びつけた先人
■Hammer Bros ハードコア・シーンで今も熱狂的なファンがいる伝説的なユニット
■The DJ Producer リアルなプレイを行うUK Raveの歴史に深く名を残す生粋のDJ
■他Michael Wells(Technohead)、Manu Le Malin、The Teknoist、Shigetomo Yamamoto(OUT OF KEY)、Deadly Buda、Gabber Eleganza等


カートの中身

カートに商品は入っていません

Murder Channel Web Link