History of Japanese Hardcore Techno

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

『ブレイクコア・ガイドブック 上下巻』『ハードコア・テクノ・ガイドブック オールドスクール/インダストリアル編』の著者である梅ヶ谷雄太の新刊『History of Japanese Hardcore Techno』が発売決定!日本のハードコア・テクノの歴史を深く掘り下げた力作!
表紙にはJun Inagawaの描き下ろしイラストを使用。116Pの本編に加えてレアな楽曲を収録したサウンドトラックCD(非売品)も封入。


本書は二年半に渡って行われた日本のハードコア・テクノに関わるアーティスト、DJ、オーガナイザー、ライター、コレクター達へのインタビューと膨大な資料を基に作られており、日本のハードコア・テクノの本質的な魅力を閉じ込めている。

前半は、ディスコで展開されていた最初期レイヴ・ミュージック(通称デステクノ)から始まり、バイヤー/ライターとして日本にレイヴ・ミュージックを根付かせた重要人物の一人であり『Rotterdam Techno Is Hard Hard Hard !!』を筆頭に多数のハードコア・テクノの国内盤ライナーノーツを手掛けたNobby Unoの貴重な証言で幕を開ける。日本で最初のハードコア・テクノ・コレクティブといえるJAP HARDCORE MASTERZ TEAMが先導したハードコア・テクノ・ムーブメントの背景には何があったのかをコレクティブのメンバーであるHammer Bros、Shigetomo Yamamoto(OUT OF KEY/Ebola of Gabba)、Siesteと共に振り返り、
当時のハードコア・シーンの状況やハッピーハードコア~ノイズ~グラインドコア/メタルとの関係、そしてアニメ/漫画といったサブカルチャーとハードコア・テクノの強い繋がりを幅広い視点によって体系的に記録。

後半からは、テクノロジーの進化によってサブジャンルが続々と誕生し急速に成長していった2000年代~2010年代の日本のハードコア・テクノにフォーカス。J-Coreのパイオニア的存在であるDJ SHARPNELとJ-Coreの名付け親であるNeodash Zeroxを中心にそのジャンルの複雑な歴史と定義を再考し、現在活躍する新世代へと繋がる道筋を見せる。数々の名作ゲームのBGMを担当し日本で最も早い時期にハードコア・テクノ/ガバを取り入れた曲を発表していた細江慎治や『ゲーム音楽ディスクガイド』への参加で知られるDJ フクタケの証言を基にハードコア・テクノ/ダンスミュージックとゲーム/リズムゲームの歴史にも迫り、同人音楽~ブレイクコア~ブートレグ・リミックス~違法ダウンロード~ポスト・レイヴといった欠かせないトピックを交え、いかにして日本のハードコア・テクノが世界規模に発展していったのかを紐解く。

国内だけではなく、90年代中頃に日本のハードコア・テクノを世界に紹介したThe Speed Freak(ドイツ)とLaurent Hô(フランス)やJ-Coreシーンに深く関わり影響を与えた
JAKAZiD(イギリス)、日本のハードコア・レコードのコレクターであるDJ Flapjack(アメリカ)など、海外からの視点もしっかりと収めている。サウンドトラックCDには『History of Japanese Hardcore Techno』に参加しているアーティスト達の代表曲から今では入手困難なレア曲を収録している。

タイトル : History of Japanese Hardcore Techno
著者 : 梅ヶ谷雄太
イラスト : Jun Inagawa
装丁・デザイン : Die(Ketchuparts)
校正 : 清家咲乃
翻訳 : L?K?O
ページ : 116
販売元 : MURDER CHANNEL

インタビュー参加者
Boris Postma / C-TYPE / DieTRAX(アシッド田宮三四郎/全日本レコード) / Die-Suck / DJ SHARPNEL/JEA(SHARPNELSOUND) / DJ TECHNORCH / DJ フクタケ / DJ Flapjack / DJ Iijima / DJ SHIMAMURA / Duran Duran Duran / Dustvoxx / Euromasters / Federico Chiari / FFF / GraphersRock / Hammer Bros / JAKAZiD / Laurent Hô / LINDA(GRINDCIRCUS) / LUNA-C / Noize Creator / Neodash Zerox / Nobby Uno / REMO-CON / RoughSketch / Shigetomo Yamamoto(OUT OF KEY) / Slave to Society / Sieste / The Speed Freak / Taigen Kawabe / Yazzus / yukinoise / 解放新平(melting bot) / 鶴岡龍 LUVRAW / 細江慎治

V.A. -  Soundtrack for 〝History of Japanese Hardcore Techno〟

Track List
01. Hammer Bros - Calling Enolagay 
02. Sieste - Kitty Whip
03. The Speed Freak - I Otaku(Remix)
04. Noize Creator – In Memory Of
05. DJ Lib & MC Shit B - It's Tight Like That (TRU-LIVE)
06. The Raverz Project! - Kiss Me Once Again (Breakbeats Azu-Mix)
07. DieTRAX – Rotterdam
08. DJ TECHNORCH - Complete Boss On Parade
09. RoughSketch - Desktop Template Musicians BPM128
10. DJ SHARPNEL - Inherited Soul (Original Mix)




カートの中身

カートに商品は入っていません

Murder Channel Web Link