商品一覧

表示件数:
1 次へ >>

(全商品:69点)

  • ブレイクコア・ガイドブック下巻(ラガコア・ブレイクビーツ・マッシュコア・カットアップ・ジャズ・IDM・エクスペリメンタル・ レイブコア・アシッド)
    ブレイクコア・ガイドブック下巻(ラガコア・ブレイクビーツ・マッシュコア・カットアップ・ジャズ・IDM・エクスペリメンタル・ レイブコア・アシッド)
    本書『ブレイクコア・ガイドブック 下巻』は、2000年中頃に起きたブレイクコア・ムーブメントをメインにした構成となっている。上巻では、90年代後半から2000年初頭をメインとしたストイックでアンダーグラウンドなブレイクコアの本質に迫る様な内容であったが、下巻ではブレイクコアの第二世代とされるアーティスト達によるダンスミュージックに特化したダンサブルなブレイクコアやレイブコア、元々のルーツでもあるジャングルにレゲエのエッセンスを活かしたラガコア、カットアップやマッシュアップを多用したマッシュコア、IDMやジャズを取り入れたエクスペリメンタルなブレイクコアをメインに取り上げており、ブレイクコアの歴史の中でも特に刺激的であった時代を切り取っている。
    2000年中頃のブレイクコアがなぜ、黄金期とされるかには幾つかの要因が考えられる。
    一つは、インターネットの普及によって時差がほとんど無く音源と情報を入手し、ファン同士でシェア出来るようになった事。同時期のメインストリームの音楽シーンでは、ヒップホップ、トランス、ビッグビート、トリップホップ、デジロック、トランス、ミクスチャーロックといったジャンルが賑わしていた。それらのジャンルにフラストレーションを感じていた人々や、近しいジャンルであるがIDM、エレクトロニカ、ハードコア・テクノがまとっている雰囲気や作品のアプローチなどに対して違和感や物足りなさを感じ始めていた若い世代によって、ブレイクコアがサポートされた事もあるだろう。行き場のない欲求を何か別の物が満たしてくれるはずと感じていた人々がインターネットの登場によって、遂にブレイクコアを見つける事が出来たのではないだろうか。
    伝説的なラジオDJであるJohn Peelもブレイクコアを自身のラジオ番組でプレイし、BBCラジオの人気プログラムThe BreezeblockにもVenetian Snares、Knifehandchop、Drop the Lime、Kid606、DJ/ruptureが出演していた。ブレイクコアの黄金期を代表するアーティストとしてすぐに思い浮かぶUKのShitmatはデビュー当時からメディアの注目を集め、2003年にリリースした7インチ・レコードに収録されていた「Shopliftin’ Gabba」はJohn Peelがレコメンドして何度もプレイし、The Breezeblockでもプレイされたそうだ。
    第二世代とされるブレイクコア・アーティスト達やレーベルは、自身の作品をより多くの人々に届ける為に積極的に情報や音源を発信していき、レコードやCD、カセット・テープでのリリース形式に加えてデジタル・フォーマットも取り入れ、フリーダウンロードでのリリースが増えていった。その結果、多くの支持者を作ることに成功し、Glastonbury FestivalやGlade Festivalといった世界的にも有名な大型フェスティバルにもブレイクコア・アーティスト達は出演し始め、有名な音楽雑誌にも取り上げられていく。
    この下巻では、その当時の熱い熱気を感じられるブレイクコアの黄金期に活躍していたアーティスト達のインタビューや作品から、ダブステップ(ブロステップ)、ハード・ドラムンベース~ダークステップ、クロスブリード、フットワークといったジャンルの要素も巧みに取り入れた第三世代のブレイクコア・アーティスト達による作品や、別ジャンルから見たブレイクコアの存在、ダブステップ/グライムとブレイクコアの融合についてなどを紹介している。ブレイクコアが2000年中頃から後半にかけて生み出した手法や表現方法が、今の音楽シーンで活躍するアーティスト達にどれだけ影響を与えているのかが解ると思う。最近ブレイクコアに興味を持った方々には馴染みのあるアーティストから、ほとんど作品が世の中に出回らなかった知る日とぞ知るカルト的なアーティストやレーベルなど、マニアな視点からもライトな視点からもブレイクコアの歴史を楽しんで貰える内容になっている。

    梅ヶ谷雄太(著/文)
    ISBN 978-4-908468-33-9
    C0073 A5判 200頁

    目次

    002 まえがき
    003 目次

    005 Chapter1 ラガコア&ブレイクビーツ
    006 ラガコアとは? 
    010 膨大なコレクションから的確なサンプリングで同業者からも信頼 FFF
    011 FFF / Urban Guerrilla/Various/FFF/LFO Demon / FFF
    012 FFF/Bombolo Blues Band/FFF/FFF/FFF
    013 FFF/DieTRAX vs FFF/FFF/FFF
    014 FFFインタビュー
    024 野太いベースにサイケ感でビートジャンキーから熱烈な支持 Electromeca
    025 Parasite vs Electromeca/Electromeca/Electromeca/Electromeca
    026 Electromeca/Electromeca vs Wahn/Electromecaインタビュー
    030 サイバーパンク&メタルな世界観でWarStepを提唱する第3世代 Gore Tech
    031 Gore Tech/Gore Tech/Gore Tech/Gore Tech
    032 Anaal Nathrakh/Gore Tech/Gore Tech & Enduser
    033 Gore Techインタビュー
    040 ブレイクコアとムーンバートンを融合させたムーンバーコアのオリジネーター Munchiインタビュー
    044 超緻密ビートとグリッチでネクストレベルへ牽引するホープ Stazma the Junglechrist
    045 Stazma the Junglechrist/Stazma The Junglechrist/Stazma The Junglechrist/Stazma The Junglechrist
    046 Stazma The Junglechrist/Stazma the Junglechrist & Infekkted/Stazma the Junglechristインタビュー
    050 ネアカな世界観で有名曲を絶妙にマッシュアップする音の料理人 Cardopusher
    051 Cardopusher/Cardopusher/Cardopusher/Cardopusher
    052 ドキュメンタリー作家の顔を持つハイブリッドなクリエイター Deformer
    053 Deformer/Deformer/Deformer/Deformer
    054 Deformer/Deformer
    055 エモーショナルな美ストリングとラガマフィン混入で騒然 Enduser
    056 Machine Girl / Enduser/Enduser/Enduser/Enduser
    057 Enduser/Enduser/The Blood of Heroes/The Blood of Heroes
    058 RAVEベースに破天荒なマッシュアップで有名人巻き込み大旋風 Shitmat
    059 Shitmat/Shitmat and Friends/Shitmat/Shitmat
    060 Shitmat/Shitmat/Shitmat/Shitmat
    061 Breakcore meets Dubstep
    064 Various/Rich Kid/DJ /rupture/DJ /rupture
    065 Kovert/D’Kat/Shiro the Goodman/Istari Lasterfahrer
    066 FRX/Zombieflesheater/The Bug Vs The Rootsman Featuring He-Man/AFX
    067 Various/Repeater/Krumble/Eight Frozen Modules/Ghislain Poirier
    068 Cuti Sadda/Eight Frozen Modules/Bazooka Alongside Daddy Freddy/Various
    069 Parasite/Various/Anarchic Hardrive/Ripley
    070 DJ Starscream/Zombieflesheater/Various/DJ /rupture
    071 Various/Jahba/Unitus/Milanese
    072 Mochipet/Zombieflesheater/Various/Istari Lasterfahrer
    073 Dr. Lefty/I:Gor/Amboss/Dr. Bastardo
    074 Krumble/Classless Kulla Als Beifahrer Beim Istari Lasterfahrer/Stivs/Krumble the DiscoBreaker
    075 Repeater/Broken Note/Istari Lasterfahrer/TechDiff / Rotator
    076 Broken Note/Junglefever & Stivs/Raxyor/Vile Enginez
    077 Unuramenura/Amboss/Noirodyn/Lfo Demon
    078 Mr Bad Monkey/Various/Meow Meow VS Jefflocks/Dr. Bastardo

    079 Chapter 2 マッシュコア&カットアップ
    080 マッシュコア / カットアップとは
    081 ジプシーコアとは
    082 もはやエンタメの域達したライブでダンスミュージックをも先導 Drop the Lime
    083 Drop the Lime/Drop the Lime/Drop the Lime/Drop the Lime
    084 Drop the Limeインタビュー
    088 懐かしディスコやカントリー歌手も動員して踊りまくる人気者 Jason Forrest
    089 Donna Summer/Donna Summer/OVe-NaXx/Donna Summer/Jason Forrest
    090 Jason Forrest/Various/DJ Donna Summer/DJ Donna Summer
    091 Jason Forrestインタビュー
    100 有名曲マッシュアップでトップDJから人気のメロディの魔術師 Knifehandchop
    101 Knifehandchop/Knifehandchop/Knifehandchop/Knifehandchop
    102 Knifehandchopインタビュー
    106 ブレイクコア最強国ベルギーで10代向けティーンコアを提唱 Sickboy
    107 Sickboy/Sickboy/Sickboy/Sickboy
    108 Sickboy/SickboySickboy Milkplus/Sickboy
    109 Sickboyインタビュー
    114 三味線や暴走族の音まで混ぜ込む浪速の電子実験音楽家 OVe-NaXx
    115 OVe-NaXx/OVe-NaXx/OVe-NaXx/OVe-NaXx
    116 OVe-NaXxインタビュー
    118 ブレイクコア・アーティストによる別名義活動
    122 Should we stick to Breakcore? by Miii
    124 Various/Stunt Rock/Various/Various
    125 Hard Off / aaaaa/Patric Catani/Eight Frozen Modules / Mochipet/Various
    126 DJ Balli/Mochipet/Electric Kettle/VIP
    127 Maladroit/End/Various/Various
    128 End/Stunt Rock/Various/Various
    129 Toecutter/Various/Various/Various
    130 Various/Various/Ed Cox/Mochipet
    131 Various/Society Suckers/Electric Kettle/Various
    132 Amph/Various/Various/Devoner
    133 Kodek/End/Graz/Foxdye
    134 Various/Foxdye/Totally Fuckedup/Fexomat
    135 BrokenNVEP vs Infekkted/Electric Kettle/Various/Ed Cox
    136 Circus Brekovic/E-Coil/Audiotist/Ed Cox & E-Coli

    137 Chapter 3 ジャズ・IDM・エクスペリメンタル
    138 IDM/Jazz をも巻き込む実験的なブレイクコア
    140 カオティックでプログレッシブなビートに美メロを載せる音の芸術 Ruby My Dear
    141 Ruby My Dear/Ruby My Dear/Ruby My Dear/Ruby My Dear
    142 Ruby My Dearインタビュー
    146 超複雑グリッチ・ビートで高速展開するフラッシュコアの真髄 UndaCova
    147 UndaCova/UndaCova/Atomhead/Atomhead
    148 UndaCovaインタビュー
    153 超細密プログラミング近未来的電子音ブレイクコアで騒然 Xanopticon
    154 Xanopticon vs Eiterherd/Xanopticon/Xanopticon/Xanopticon
    155 Xanopticon/Xanopticon/Xanopticon
    156 Xanopticonインタビュー
    159 US ブレイクコア・シーンのカルト的存在 Twenty Knivesインタビュー
    164 有名曲アカペラを極悪グリッチ加工で常識はずれの悪ノリ異端児 Kid606
    165 Kid606/Kid606 / Com.A/Kid606/Kid606
    166 Kid606 / The Bug Feat. Wayne Lonesome/Various/Kid606/Kid606
    167 カオティック近未来音のインダストリアルなIDMはダンサブル Monster X
    168 Monster X/Monster X/Monster X/Monster X
    169 Ślepcy/Mochipet/Joseph Nothing / Pale/I:Gor
    170 !aSq!/Geroyche/Puzzleweasel/Various
    171 7E Phalanx/I:Gor/Eight Frozen Modules/Eight Frozen Modules
    172 Various/Method of Defiance/Ślepcy/Otto von Schirach
    173 Ebola/Gusset/Eight Frozen Modules/John Kameel Farah
    174 Nero’s Day At Disneyland/BananaSLOTH/Desper

    175 Chapter 4  レイブコア&アシッド
    176 Ravecoreとは
    178 海外でも注目される日本の代表的なブレイクコア・イベントの主催者 KA4Uインタビュー
    186 ブレイクコア・アーティストによるオフィシャル・リミックス
    189 DJ Bogdan Raczynski/Line 47 / Rusuden/The Flashbulb/Various
    190 The Flashbulb/Epsilon/Belladonnakillz/Various
    191 Various/DJ Scotch Egg/Math Head/Line 47
    192 Soundbites/DJ Technorch/Pisstank/B.I.N.T. vs Dalit
    193 Various/weyheyhey !!/Otto von Schirach/DJ Rainbow Ejaculation
    194 Various/TechDiff/Totally Fuckedup/DJ Technorch/
    195 Various/Various/Gizmode/weyheyhey !!
    196 DJ Technorch/Anorak/Hitori Tori/weyheyhey !!
    197 Various/Anorak/Gizmode/Hitori Tori

    198 あとがき
    2,484円
    注文数:
  • ブレイクコア・ガイドブック上巻(オールドスクール・ハードコア・インダストリアル・メタル)
    ブレイクコア・ガイドブック上巻(オールドスクール・ハードコア・インダストリアル・メタル)
    本書は、日本で最初に正式出版される「ブレイクコア」に関する本である。
    ブレイクコアとは90年代中頃から後半にかけてイギリス、アメリカ、ドイツ、オランダ、フランスなどで同時多発的に生まれた音楽ジャンルの一つであり、様々な音楽的手法やバックグラウンド、思想をハードコアなダンスミュージックにねじ込ませたハイブリッドな電子音楽のスタイルである。
    ブレイクコアは日本国内においても、ハードコア・テクノ、ドラムンベース、ベースミュージックなどのダンスミュージックのリスナーや、IDM、エレクトロニカなどの実験的な電子音楽シーンのリスナー、そして、メタル、グラインドコア、ノイズなどのエクストリーム系ミュージックのリスナーからも支持されており、決して一般向けの音楽ではないが長年に渡って陰ながら日本の音楽シーンに影響を与えている。
    日本にブレイクコアを輸入し根付かせた重要なレコードショップであり、レーベルでもあるElectro Violence(旧Minor’s Holiday/Breakcore Records)の存在は大きく、国内のブレイクコア・シーンだけではなく、海外のブレイクコア・シーンでもElectro Violenceの影響力は凄まじかった。同じく、東京にあったレコードショップBuy or Dieとwarszawaも積極的にブレイクコアのレコードを取り扱っており、90年代後半から2000年初頭には日本にもコアなブレイクコア・ファンが存在していた。その後もアンダーグラウンドな電子音楽シーンを中心にブレイクコアは人気を得ていき、ブレイクコアの黄金期とされる2000年代中頃には、Disk Union、Jetset Records、Cisco、Guhroovyといったレコードショップから、Tower Records、HMVなどの大手レコードショップでもブレイクコアのレコードやCDがプッシュされるまでになった。そして、ブレイクコアを専門的に扱うブログも登場し、音楽系ウェブマガジンにてブレイクコアの特集が組まれたり、海外アーティストも頻繁に来日するようになり、ブレイクコアは日本の音楽シーンに根付いた状態となった。
    だが、ブレイクコアの歴史や情報をまとめる様な記事や資料集などは、日本においてはほとんど存在していなかった(ブレイクコアの性質上、存在しないのも仕方がないのだが)。
    自分はブレイクコアと出会って20年程経ったが、まさか日本で最初となるブレイクコアの書籍を執筆する事になるとは夢にも思わなかった。ブレイクコアが誕生してから現在までに、海外ではブレイクコアを専門的に扱うフリーペーパーとZineは多数存在したが、書籍となると、スペインのBelio Magazineが2008年に出版した『Pencilbreak』というアートブックぐらいだろうか。これは、ブレイクコアのレコードやフライヤーなどを集めたアートブックであり、Droon、Dzgnbio、FFF、Inkcore、Nikibi、Pastee、Raoul Sinier、Sekitaniといったデザイナー達の作品を中心にした内容であった。
    国内におけるブレイクコアに関する書籍や情報をアーカイブしたサイトなども無いので、お手本や模範とする様な素材が無く、自分がブレイクコア・シーンに関わって得た経験と知識だけを元に本書は作られている。
    この上巻では、ブレイクコアが誕生するまでのルーツとなったハードコア・テクノやデジタルハードコアの作品から、ブレイクコアを形成したオリジネーター達へのインタビュー、そして、メタル/パンクを素材にしたエクストリームなブレイクコアの作品をまとめており、いかにブレイクコアがハードコア・テクノやメタル、パンクといったジャンルと親和性が高いかを検証してみた。
    上巻はブレイクコアの反逆精神や攻撃性を主軸にした90年代のアンダーグラウンド・ミュージックの息吹も感じられるはずだ。特に、初期ブレイクコアが持っていたエネルギーや姿勢の部分にはハードコア・パンク、デスメタル、グラインドコアといったエクストリーム・ミュージックともシンクロしているので、それらのリスナーの方にもブレイクコアはおススメしたい。
    続く下巻では、ブレイクコアの第二世代とされるアーティスト達の作品や2000年代に生まれた新たなブレイクコアのサブジャンルであるレイブコアやラガコアなどをまとめており、上巻と下巻の2冊でブレイクコアの歴史を出来る範囲でアーカイブ化している。

    梅ヶ谷雄太(著/文)
    ISBN 978-4-908468-32-2
    C0073 A5判 200頁

    目次

    002 まえがき
    005 ブレイクコア用語解説

    007 Chapter 1 オールドスクール
    008 ブレイクコアのルーツ
    012 強烈なアティテュードでブレイクコアの原型を作り上げた先覚者 DJ Scud
    013 Jackal & Hide/Aphasic + DJ Scud/Scud & Nomex/Rude Boy
    014 DJ Scud & Christoph Fringeli/DJ Scud / I-Sound/Bloodclaat Gangsta Youth/DJ Scud / Rich Kid / Panacea
    015 DJ Scud/Bloodclaat Gangsta Youth/Iowotflaichi/Panacea / DJ Scud
    016 DJ Scud/Wasteland
    016 DJ Scudインタビュー
    028 総本山的レーベルPraxisを創業したブレイクコアの守護神 Christoph Fringeli
    029 DJ Jackal/Base Force One/Society of Unknowns/Christoph Fringeli & DJ Pure
    030 Various/Crisis Theory/Base Force One/Various
    031 Christoph Fringeliインタビュー
    034 胎動期に先駆的手法で多大な影響をシーンに及ぼした騒音創造者 Noize Creator
    035 Noize Creator/Noize Creator/X&trick vs. Noize Creator/Noize Creator
    036 044 Noize Creator/The Entity
    037 Alec Empire/Nasenbluten/E-De Cologne/Deadly Buda
    038 Sonic Subjunkies/Christoph De Babalon/Somatic Responses/Xylocaine
    039 Shizuo/Alec Empire/Christoph De Babalon/サイケアウツ
    040 Bomb 20/Melt-Banana / Killout Trash/Patric Catani/Give Up
    041 Kill:out Trash/V.A./Din-St/Mwarf
    042 Geroyche vs. Wintermute/V.A./Bomb 20/Syndicate
    043 Overcast/Sonic Subjunkies/Bogdan Raczynski/Nomex
    044 Stunt Rock/16-17/Eiterherd/Abelcain
    045 ブレイクコア・レーベル紹介

    049 Chapter 2 ハードコア&インダストリアル
    050 ブレイクコアの起源とムーブメントまで
    054 ブレイクコアを代表するPeace Off主宰のシーン総支配人 Rotator
    055 Rotator Kids Vs. Slam/Rotator/Rotator/Rotator
    056 Rotator/Mr. Kill/Rotator / Krumble / Cardopusher/Rotator
    057 Rotator/Rotator / Cardopusher/Rotator Vs Mr Kill
    058 Rotatorインタビュー
    062 ゲームボーイすら巧みに操る高速騒音マエストロDJ Baseck
    063 Baseck + Diskore/Baseck/Baseck & Sonic Death Rabbit/Baseck
    064 Baseckインタビュー
    070 ブレイクコアの世界観を最終確定したマッシュアップ・デザイナー Droon
    071 Droon/Droon/Droon/Droon
    072 Droonインタビュー
    080 猥褻物を武器にスピードコアから殴り込む常識破りの異端児 Passenger of Shit
    081 DJ Rainbow Ejaculation / Passenger of Shit/Passenger of Shit/Passenger of Shit/Passenger of Shit
    082 Passenger of Shit/Passenger of Shit/Passenger of Shit
    083 Passenger of Shitインタビュー
    092 National Geographic級の視野から音源セレクトする博覧強記のDJ L?K?Oインタビュー
    095 レゲエ、ジャズ、クラシックをも包摂するブレイクコアの売れっ子 Venetian Snares
    096 Venetian Snares/Venetian Snares/Venetian Snares + Speedranch/Snares Man!
    097 Venetian Snares/Nymphomatriarch/Venetian Snares/Venetian Snares
    098 Snares/Speed Dealer Moms/Venetian Snares/Venetian Snares x Daniel Lanois
    099 下劣極まりない世界観でUSシーンを牽引する音の愉快犯 Doormouse
    100 Doormouse/Doormouse/V.A./Doormouse and Venetian Snares
    101 Doormouse/Doormouse/Doormouse/Doormouse & Abelcain
    102 耳をつんざく噪音でフロアを挑発し続ける狂気の破壊屋 Duran Duran Duran
    103 Duran Duran Duran/Duran Duran Duran/Duran Duran Duran/Duran Duran Duran
    104 大型フェスから小規模パーティまで盛り上げる音のジェネラリスト C64
    105 Various/C64/Various/C64
    106 Slam / Society Suckers/Aphasic/Nasenbluten/Epsilon
    107 Ślepcy/Optic/Various/Rude Ass Tinker
    108 Hecate / Eiterherd/DJ Balli & Mu B/Kovert/Parasite
    109 Various/Bombardier/Various/Various
    110 Various/Various/Abelcain/Ripit
    111 Various/Various/Various/DJ Balli
    112 TechDiff/Maladroit + Epsilon/Gromov/The Gigglin Dildas
    113 DJ Balli/DJ Floorclearer/B.Slave/Charly Linch
    114 Abelcain & Cdatakill/Alec Empire/Detest/Unuramenura
    115 Various/Scheme Boy/Charly Linch/Grindmaster Flesh / Urban Guerrilla
    116 Hecate/Dr. Bastardo/DJ Technorch Vs Unuramenura/DJIPE
    117 Ambassador21/DJIPE/Ripit/DopeCoara
    118 Disheveled/Various/Unuramenura

    119 Chapter3 メタル系
    120 メタルとブレイクコアの邂逅Metal Breakcore
    124 デスメタルから乱入し、撹乱して立ち去っていったデストロイヤー Bong-Ra
    125 Bong-Ra/Bong-Ra/Bong-Ra/Killahman Machine
    126 Bong-Ra vs. The Dirty Dred/Bong-Ra/Bong-Ra / Enduser / Shitmat/Bong-Ra
    127 Servants of the Apocalyptic Goat Rave/Bong-Ra/Deathstorm/Wormskull
    128 Bong-Ra/Bong-Ra vs. Igorrr/The Hard Way/Bong-Ra Vs. Gore Tech Vs. Author & Punisher
    129 Voodoom/Bong-Ra/Voodoom/Servants of the Apocalyptic Goat Rave
    130 Bong-Raインタビュー
    136 楽器を同時生演奏の驚異的パフォーマンスでワールドワイドな人気 Drumcorps
    137 Drumcorps/Drumcorps/Animosity&Drumcorps/Drumcorps
    138 Aaron Spectre/Aaron Spectre/Aaron Spectre/Aaron Spectre
    139 Drumcorpsインタビュー
    152 デスメタルドラマーの肉体的BPM凌駕した最速プログラミング Dev/Null
    153 Dev/Null vs. LFO Demon/Dev/Null/Dev/Null/Dev/Null
    154 Dev/Nullインタビュー
    164 グラインドコア&デスステップの過激な要素でフロアを揺らす DJ Skull Vomit
    165 DJ Skull Vomit Vs. Singaya/DJ Skull Vomit/DJ Skull Vomit/DJ Skull Vomit
    166 DJ Skull Vomit/DJ Skull Vomit/Various/Eustachian/Vytear
    167 Eustachian & The Teknoist/Eustachian & The Teknoist/Eustachian/Eustachian
    168 DJ Skull Vomitインタビュー
    174 メタル音源を強烈ガバキックとアーメンブレイクでスピードコア化 Ladyscraper
    175 Ladyscraper/Ladyscraper/Ladyscraper/Ladyscraper
    176 Shitwife/Shitwife/Petbrick
    177 Ladyscraperインタビュー
    180 デスメタルやバロック、オペラをも融合させるフランスの鬼才 Igorrr
    181 Igorrr/Igorrr/Igorrr/Igorrr & Ruby My Dear
    182 Igorrr/Whourkr/Whourkr/Whourkr
    183 ロシアの北の都でメタル・ブレイクコアを開拓した悪霊 SA†AN
    184 SA†AN/SA†AN/SA†AN/Raxyor Vs SA†AN
    185 Noize Punishment/Curse of the Golden Vampire/LFO Demon/Noize Punishment
    186 Player/Noize Punishment/Agoraphobic Nosebleed/Big Joan
    187 Übergang/Noize Punishment/Robot Ninja Dinosaur Bastards/Realicide
    188 Mulk/Airborne Drumz/Amphetamine Virus/Electric Pigs
    189 Maruosa/Bombardier/deathcount/Divtech
    190 Burning Cyborg/Mulk/Abelcain & Alexandra von Bolz’n/Ulcerium
    191 Speak Onion/Apzolut Feat. MC Goatzak/You Will Choose Fire/Mulk / Pressterror
    192 Murder Channel ライブの記録集
    198 Murder Channelの歴史

    199 あとがき
    2,484円
    注文数:
  • Stazma The Junglechrist / 10 Years Of Breaking Things 限定セット(2xCD+T-shirts+ダブルワッチキャップ+ナップサック+特典DLコード付き)
    Stazma The Junglechrist / 10 Years Of Breaking Things 限定セット(2xCD+T-shirts+ダブルワッチキャップ+ナップサック+特典DLコード付き)
    ***MxCx online store特典として、Stazma The Junglechristが2016年にリリースしたミニアルバム『Itch』をKenkotaiji、Laxenanchaos、Zeugeがリミックスした『Itch Remixes』のDLコードをプレゼント!***

    ジャングル~アシッド~パンク~ノイズ~ガバ~IDM~メタル~ヒップホップ~レゲエを卓逸したスキルとセンスでミックスしたハイクオリティなブレイクコア・スタイルでジャンルを超えて世界中のリスナーやアーティスト達から支持を受けており、現在のブレイクコア・シーンにおいて人気実力共にトップアーティストとして君臨する「Stazma The Junglechrist」の活動10周年を記念した2枚組ベストアルバムがMurder Channelから登場!

    Aphex TwinとSquarepusherのカオティックなビートとクレイジーなアシッドサウンドをパンキッシュにアップデートしたネクストレベルのアシッドコアや、ジャングルとハードコア・テクノにラガやメタルを暴力的にねじ込んだアグレッシブなラガコア、モジュラーシンセやドラムマシーンなどのアナログ機材を多用した深みのある電子音を用いたメロディアスで実験的なブレイクコアなど、Stazma The Junglechristの魅力を完璧に凝縮した濃密な内容!

    Disc-1にはPeace OffやMurder Channel、PRSPCTからリリースしたシングルやEPを纏めており、Disc-2ではフランス、イギリス、ベルギー、日本、ドイツなど、各国の様々なレーベルのコンピレーションに提供した楽曲とStazma The Junglechristのリミックス・ワークをコンパイル。全曲新たにリマスタリングされ生まれ変わった名曲達を全30曲収録!
    ブレイクコアの本質を崩さずに新たな要素を取り込み、ブレイクコアを進化させ続けているStazma The Junglechristの偉業を体感出来る歴史的な作品!

    コメント///

    このアルバムはドリルンベース・アシッド・ジャングルが当然ベースにありますが、そこにIDMから多大な影響を受けたであろうグリッチノイズ・アンビエントの要素が入り込み独自の世界を構築しています。分かりやすい単純な構成の曲は一つとしてなく、かといって、実験的なわけではなくフロア・ライクにフォーカスされており、エレクトロニカ・ミーツ・ブレイクコアの試みをさらに進化させたかのような、ビートの面白さを楽しむアルバムになっています。

    “Infected Brain Cell”, “Velvet Punk”ではVenetian SnaresやXanopticonすら彷彿とさせるテクニカルなグルーヴで、この手の音楽にありがちな金太郎飴的な冗長感も無く一曲を通してストーリーが完結するような流れが維持されています。”Ragga Terror From Outer Space”の四つ打ちをベースとしたグルーヴもアナーキーでカッコいいです。自分的には何度も聴くことによりインスピレーションが湧いてくる種のアルバムで、どの曲を取っても完成度が高く驚くばかりです。ハードコアテクノ、ブレイクコア、ジャングル、レイヴ、アシッド大好きっ子には間違いなく刺さりまくる名盤になっていると思います。

    Big up for 10th anniversary of Stazma!!!!
    去年UKで開催されたbalter Festivalで初めて会って一緒にキャンプしました。
    プレイもめっちゃくちゃよかった!!
    ちょうどブレイクコアの中期にあたるのかな、初期のブレイクコアの荒々しい感じと現在につながるテクニカルで繊細な音の両方を兼ね備えた唯一無二のサウンドでラガジャングルやアシッドの要素を組み合わせてスピード感はブレイクコアなんで、最高に暴れすぎず踊り続けられるという、初めての人もこのベスト盤を手にすればブレイクコア中期を築いたハイブリッドサウンドを体感できるので是非です!!
    活動10周年御目出度うございます!!
    Numb’n'dub

    アーティスト / Stazma The Junglechrist
    タイトル / 10 Years Of Breaking Things
    レーベル / Murder Channel
    品番 / MURCD-041

    Track List

    CD1 : Best Bits & Pieces
    01 - Rudyz Breaking The Dancehall
    02 - Shake Your Booty More Faster
    03 - Kill For Weed
    04 - Coconuts and Cocaine
    05 - The Storm
    06 - Fight The Right Way
    07 - Alarm
    08 - Infected Brain Cell
    09 - Your Computer Is Under Arrest
    10 - Nuisance 4 with Le Crabe
    11 - Drunken DSP
    12 - The Hammer
    13 - Apocalypse with Le Crabe feat. Mike Redman
    14 - Allergic Itching
    15 - Data Eater

    CD2 : Re-Compiled
    01 - Dr. Bastardo - Ruffneck Skill (Stazma Acid Rush Remix)
    02 - Jungle Destroyer
    03 - Gameboy Physical Destruction - Planet 93 (Stazma The Junglechrist Too Many Dead Punxxx Remix)
    04 - How Fast You Wanna Go
    05 - Facial Injury
    06 - Gore Tech - Heretic (Stazma The Junglechrist Beauty in Violence Remix)
    07 - Melt.Spc
    08 - Ragga Terror From Outer Space
    09 - Planet California
    10 - Metalworker
    11 - Hitori Tori - UFO at disaster site (Stazma remix)
    12 - Velvet Punk
    13 - Electric Voyage
    14 - Rockers

    Tシャツ素材:GILDAN 6.0oz
    ボディーカラー:Black
    着丈 S(70.5) / M(72.0) / L(75.5) / XL(79.5)
    身幅 S(46.5) / M(51.5) / L(55.5) / XL(60.5)
    袖丈 S(17.0) / M(17.5) / L(19.0) / XL(20.0)
    肩幅 S(44.0) / M(47.5) / L(51.0) / XL(58.0)

    Stazma The Junglechrist
    メタルやパンクなどのバンドミュージックのアグレッシブさとブレイクコア、ジャングル、ブレインダンス、IDMなどの緻密なビートと電子音を高いレベルでミックスした次世代ブレイクコア・サウンドで10年代のブレイクコア・シーンを牽引するフランスのJulien Guillotによるソロプロジェクト。

    2008年にフランスの名門ブレイクコア・レーベル「Peace Off」のコンピレーションLP『The Kamikaze Club 07』でデビューを果たし、翌年にCunt Gangから初の単独EP『The Crump Punk EP』を発表。Structural DamageからのEPやBreakcore.NLのコンピレーションへの参加を得て、2010年にPeace Offから『The Lucky Strike EP』を発表し、ブレイクコア・シーンにおいて注目の存在となる。その後もスキルを高めていき自身のサウンドとスタイルを更新し続け、2011年にPeace Offからリリースした『Napalm Junglist』で圧倒的なクオリティのブレイクコアをシーンに叩きつけ衝撃を与えた。活動初期はCardopusherやRotatorなどのPeace Off系統のラガコアやメタリックなブレイクコアをベースにしたアグレッシブなスタイルであったが、2013年にAcroplane Recordingsからリリースした『Acid Bleed』からアシッドやIDM/グリッチを大幅に取り入れたメロディアスなアシッドコアの楽曲も発表していく。2014年に発表した『A Giant Skull Made Of Guns EP』ではインダストリアルやノイズといった実験的な要素を巧みに使った新しい感覚のブレイクコア・サウンドを作り上げてアーティストとしての幅の広さと実力の高さを証明してみせた。

    2016年にMurder Channelからリリースしたミニアルバム『Itch』では、モジュラーシンセを大幅に取り入れたメロディアスでオルタナティブなアシッドコアを披露。優れたプログラミングに加えて、Stazmaの作曲家としての才能も見事に現れた名作として未だに人気が高い名作となっている。近年はPRSPCT RVLTからの12"レコードのリリースやDJ Skull Vomitとのコラボレーション・シングル、EnduserやMonster Xのリミックス・アルバムで強烈な個性を発揮しており、今後のブレイクコア・シーンを背負って立つ存在となるであろう。
    10,800円
    種類:
    注文数:
  • Stazma The Junglechrist / 10 Years Of Breaking Things+Itch CD&T-Shirts*特典DLコード付き
    Stazma The Junglechrist / 10 Years Of Breaking Things+Itch CD&T-Shirts*特典DLコード付き
    ***MxCx online store特典として、Stazma The Junglechristが2016年にリリースしたミニアルバム『Itch』をKenkotaiji、Laxenanchaos、Zeugeがリミックスした『Itch Remixes』のDLコードをプレゼント!***

    ジャングル~アシッド~パンク~ノイズ~ガバ~IDM~メタル~ヒップホップ~レゲエを卓逸したスキルとセンスでミックスしたハイクオリティなブレイクコア・スタイルでジャンルを超えて世界中のリスナーやアーティスト達から支持を受けており、現在のブレイクコア・シーンにおいて人気実力共にトップアーティストとして君臨する「Stazma The Junglechrist」の活動10周年を記念した2枚組ベストアルバムがMurder Channelから登場!

    Aphex TwinとSquarepusherのカオティックなビートとクレイジーなアシッドサウンドをパンキッシュにアップデートしたネクストレベルのアシッドコアや、ジャングルとハードコア・テクノにラガやメタルを暴力的にねじ込んだアグレッシブなラガコア、モジュラーシンセやドラムマシーンなどのアナログ機材を多用した深みのある電子音を用いたメロディアスで実験的なブレイクコアなど、Stazma The Junglechristの魅力を完璧に凝縮した濃密な内容!

    Disc-1にはPeace OffやMurder Channel、PRSPCTからリリースしたシングルやEPを纏めており、Disc-2ではフランス、イギリス、ベルギー、日本、ドイツなど、各国の様々なレーベルのコンピレーションに提供した楽曲とStazma The Junglechristのリミックス・ワークをコンパイル。全曲新たにリマスタリングされ生まれ変わった名曲達を全30曲収録!
    ブレイクコアの本質を崩さずに新たな要素を取り込み、ブレイクコアを進化させ続けているStazma The Junglechristの偉業を体感出来る歴史的な作品!

    コメント///

    このアルバムはドリルンベース・アシッド・ジャングルが当然ベースにありますが、そこにIDMから多大な影響を受けたであろうグリッチノイズ・アンビエントの要素が入り込み独自の世界を構築しています。分かりやすい単純な構成の曲は一つとしてなく、かといって、実験的なわけではなくフロア・ライクにフォーカスされており、エレクトロニカ・ミーツ・ブレイクコアの試みをさらに進化させたかのような、ビートの面白さを楽しむアルバムになっています。

    “Infected Brain Cell”, “Velvet Punk”ではVenetian SnaresやXanopticonすら彷彿とさせるテクニカルなグルーヴで、この手の音楽にありがちな金太郎飴的な冗長感も無く一曲を通してストーリーが完結するような流れが維持されています。”Ragga Terror From Outer Space”の四つ打ちをベースとしたグルーヴもアナーキーでカッコいいです。自分的には何度も聴くことによりインスピレーションが湧いてくる種のアルバムで、どの曲を取っても完成度が高く驚くばかりです。ハードコアテクノ、ブレイクコア、ジャングル、レイヴ、アシッド大好きっ子には間違いなく刺さりまくる名盤になっていると思います。

    Big up for 10th anniversary of Stazma!!!!
    去年UKで開催されたbalter Festivalで初めて会って一緒にキャンプしました。
    プレイもめっちゃくちゃよかった!!
    ちょうどブレイクコアの中期にあたるのかな、初期のブレイクコアの荒々しい感じと現在につながるテクニカルで繊細な音の両方を兼ね備えた唯一無二のサウンドでラガジャングルやアシッドの要素を組み合わせてスピード感はブレイクコアなんで、最高に暴れすぎず踊り続けられるという、初めての人もこのベスト盤を手にすればブレイクコア中期を築いたハイブリッドサウンドを体感できるので是非です!!
    活動10周年御目出度うございます!!
    Numb’n'dub

    アーティスト / Stazma The Junglechrist
    タイトル / 10 Years Of Breaking Things
    レーベル / Murder Channel
    品番 / MURCD-041

    Track List

    CD1 : Best Bits & Pieces
    01 - Rudyz Breaking The Dancehall
    02 - Shake Your Booty More Faster
    03 - Kill For Weed
    04 - Coconuts and Cocaine
    05 - The Storm
    06 - Fight The Right Way
    07 - Alarm
    08 - Infected Brain Cell
    09 - Your Computer Is Under Arrest
    10 - Nuisance 4 with Le Crabe
    11 - Drunken DSP
    12 - The Hammer
    13 - Apocalypse with Le Crabe feat. Mike Redman
    14 - Allergic Itching
    15 - Data Eater

    CD2 : Re-Compiled
    01 - Dr. Bastardo - Ruffneck Skill (Stazma Acid Rush Remix)
    02 - Jungle Destroyer
    03 - Gameboy Physical Destruction - Planet 93 (Stazma The Junglechrist Too Many Dead Punxxx Remix)
    04 - How Fast You Wanna Go
    05 - Facial Injury
    06 - Gore Tech - Heretic (Stazma The Junglechrist Beauty in Violence Remix)
    07 - Melt.Spc
    08 - Ragga Terror From Outer Space
    09 - Planet California
    10 - Metalworker
    11 - Hitori Tori - UFO at disaster site (Stazma remix)
    12 - Velvet Punk
    13 - Electric Voyage
    14 - Rockers

    Tシャツ素材:GILDAN 6.0oz
    ボディーカラー:Black
    着丈 S(70.5) / M(72.0) / L(75.5) / XL(79.5)
    身幅 S(46.5) / M(51.5) / L(55.5) / XL(60.5)
    袖丈 S(17.0) / M(17.5) / L(19.0) / XL(20.0)
    肩幅 S(44.0) / M(47.5) / L(51.0) / XL(58.0)

    Stazma The Junglechrist
    メタルやパンクなどのバンドミュージックのアグレッシブさとブレイクコア、ジャングル、ブレインダンス、IDMなどの緻密なビートと電子音を高いレベルでミックスした次世代ブレイクコア・サウンドで10年代のブレイクコア・シーンを牽引するフランスのJulien Guillotによるソロプロジェクト。

    2008年にフランスの名門ブレイクコア・レーベル「Peace Off」のコンピレーションLP『The Kamikaze Club 07』でデビューを果たし、翌年にCunt Gangから初の単独EP『The Crump Punk EP』を発表。Structural DamageからのEPやBreakcore.NLのコンピレーションへの参加を得て、2010年にPeace Offから『The Lucky Strike EP』を発表し、ブレイクコア・シーンにおいて注目の存在となる。その後もスキルを高めていき自身のサウンドとスタイルを更新し続け、2011年にPeace Offからリリースした『Napalm Junglist』で圧倒的なクオリティのブレイクコアをシーンに叩きつけ衝撃を与えた。活動初期はCardopusherやRotatorなどのPeace Off系統のラガコアやメタリックなブレイクコアをベースにしたアグレッシブなスタイルであったが、2013年にAcroplane Recordingsからリリースした『Acid Bleed』からアシッドやIDM/グリッチを大幅に取り入れたメロディアスなアシッドコアの楽曲も発表していく。2014年に発表した『A Giant Skull Made Of Guns EP』ではインダストリアルやノイズといった実験的な要素を巧みに使った新しい感覚のブレイクコア・サウンドを作り上げてアーティストとしての幅の広さと実力の高さを証明してみせた。

    2016年にMurder Channelからリリースしたミニアルバム『Itch』では、モジュラーシンセを大幅に取り入れたメロディアスでオルタナティブなアシッドコアを披露。優れたプログラミングに加えて、Stazmaの作曲家としての才能も見事に現れた名作として未だに人気が高い名作となっている。近年はPRSPCT RVLTからの12"レコードのリリースやDJ Skull Vomitとのコラボレーション・シングル、EnduserやMonster Xのリミックス・アルバムで強烈な個性を発揮しており、今後のブレイクコア・シーンを背負って立つ存在となるであろう。
    6,804円
    種類:
    注文数:
  • Stazma The Junglechrist / 10 Years Of Breaking Things*特典DLコード付き*
    Stazma The Junglechrist / 10 Years Of Breaking Things*特典DLコード付き*
    ***MxCx online store特典として、Stazma The Junglechristが2016年にリリースしたミニアルバム『Itch』をKenkotaiji、Laxenanchaos、Zeugeがリミックスした『Itch Remixes』のDLコードをプレゼント!***

    ジャングル~アシッド~パンク~ノイズ~ガバ~IDM~メタル~ヒップホップ~レゲエを卓逸したスキルとセンスでミックスしたハイクオリティなブレイクコア・スタイルでジャンルを超えて世界中のリスナーやアーティスト達から支持を受けており、現在のブレイクコア・シーンにおいて人気実力共にトップアーティストとして君臨する「Stazma The Junglechrist」の活動10周年を記念した2枚組ベストアルバムがMurder Channelから登場!

    Aphex TwinとSquarepusherのカオティックなビートとクレイジーなアシッドサウンドをパンキッシュにアップデートしたネクストレベルのアシッドコアや、ジャングルとハードコア・テクノにラガやメタルを暴力的にねじ込んだアグレッシブなラガコア、モジュラーシンセやドラムマシーンなどのアナログ機材を多用した深みのある電子音を用いたメロディアスで実験的なブレイクコアなど、Stazma The Junglechristの魅力を完璧に凝縮した濃密な内容!

    Disc-1にはPeace OffやMurder Channel、PRSPCTからリリースしたシングルやEPを纏めており、Disc-2ではフランス、イギリス、ベルギー、日本、ドイツなど、各国の様々なレーベルのコンピレーションに提供した楽曲とStazma The Junglechristのリミックス・ワークをコンパイル。全曲新たにリマスタリングされ生まれ変わった名曲達を全30曲収録!
    ブレイクコアの本質を崩さずに新たな要素を取り込み、ブレイクコアを進化させ続けているStazma The Junglechristの偉業を体感出来る歴史的な作品!

    コメント///

    このアルバムはドリルンベース・アシッド・ジャングルが当然ベースにありますが、そこにIDMから多大な影響を受けたであろうグリッチノイズ・アンビエントの要素が入り込み独自の世界を構築しています。分かりやすい単純な構成の曲は一つとしてなく、かといって、実験的なわけではなくフロア・ライクにフォーカスされており、エレクトロニカ・ミーツ・ブレイクコアの試みをさらに進化させたかのような、ビートの面白さを楽しむアルバムになっています。

    “Infected Brain Cell”, “Velvet Punk”ではVenetian SnaresやXanopticonすら彷彿とさせるテクニカルなグルーヴで、この手の音楽にありがちな金太郎飴的な冗長感も無く一曲を通してストーリーが完結するような流れが維持されています。”Ragga Terror From Outer Space”の四つ打ちをベースとしたグルーヴもアナーキーでカッコいいです。自分的には何度も聴くことによりインスピレーションが湧いてくる種のアルバムで、どの曲を取っても完成度が高く驚くばかりです。ハードコアテクノ、ブレイクコア、ジャングル、レイヴ、アシッド大好きっ子には間違いなく刺さりまくる名盤になっていると思います。

    Big up for 10th anniversary of Stazma!!!!
    去年UKで開催されたbalter Festivalで初めて会って一緒にキャンプしました。
    プレイもめっちゃくちゃよかった!!
    ちょうどブレイクコアの中期にあたるのかな、初期のブレイクコアの荒々しい感じと現在につながるテクニカルで繊細な音の両方を兼ね備えた唯一無二のサウンドでラガジャングルやアシッドの要素を組み合わせてスピード感はブレイクコアなんで、最高に暴れすぎず踊り続けられるという、初めての人もこのベスト盤を手にすればブレイクコア中期を築いたハイブリッドサウンドを体感できるので是非です!!
    活動10周年御目出度うございます!!
    Numb’n'dub

    アーティスト / Stazma The Junglechrist
    タイトル / 10 Years Of Breaking Things
    レーベル / Murder Channel
    品番 / MURCD-041

    Track List

    CD1 : Best Bits & Pieces
    01 - Rudyz Breaking The Dancehall
    02 - Shake Your Booty More Faster
    03 - Kill For Weed
    04 - Coconuts and Cocaine
    05 - The Storm
    06 - Fight The Right Way
    07 - Alarm
    08 - Infected Brain Cell
    09 - Your Computer Is Under Arrest
    10 - Nuisance 4 with Le Crabe
    11 - Drunken DSP
    12 - The Hammer
    13 - Apocalypse with Le Crabe feat. Mike Redman
    14 - Allergic Itching
    15 - Data Eater

    CD2 : Re-Compiled
    01 - Dr. Bastardo - Ruffneck Skill (Stazma Acid Rush Remix)
    02 - Jungle Destroyer
    03 - Gameboy Physical Destruction - Planet 93 (Stazma The Junglechrist Too Many Dead Punxxx Remix)
    04 - How Fast You Wanna Go
    05 - Facial Injury
    06 - Gore Tech - Heretic (Stazma The Junglechrist Beauty in Violence Remix)
    07 - Melt.Spc
    08 - Ragga Terror From Outer Space
    09 - Planet California
    10 - Metalworker
    11 - Hitori Tori - UFO at disaster site (Stazma remix)
    12 - Velvet Punk
    13 - Electric Voyage
    14 - Rockers

    Stazma The Junglechrist
    メタルやパンクなどのバンドミュージックのアグレッシブさとブレイクコア、ジャングル、ブレインダンス、IDMなどの緻密なビートと電子音を高いレベルでミックスした次世代ブレイクコア・サウンドで10年代のブレイクコア・シーンを牽引するフランスのJulien Guillotによるソロプロジェクト。

    2008年にフランスの名門ブレイクコア・レーベル「Peace Off」のコンピレーションLP『The Kamikaze Club 07』でデビューを果たし、翌年にCunt Gangから初の単独EP『The Crump Punk EP』を発表。Structural DamageからのEPやBreakcore.NLのコンピレーションへの参加を得て、2010年にPeace Offから『The Lucky Strike EP』を発表し、ブレイクコア・シーンにおいて注目の存在となる。その後もスキルを高めていき自身のサウンドとスタイルを更新し続け、2011年にPeace Offからリリースした『Napalm Junglist』で圧倒的なクオリティのブレイクコアをシーンに叩きつけ衝撃を与えた。活動初期はCardopusherやRotatorなどのPeace Off系統のラガコアやメタリックなブレイクコアをベースにしたアグレッシブなスタイルであったが、2013年にAcroplane Recordingsからリリースした『Acid Bleed』からアシッドやIDM/グリッチを大幅に取り入れたメロディアスなアシッドコアの楽曲も発表していく。2014年に発表した『A Giant Skull Made Of Guns EP』ではインダストリアルやノイズといった実験的な要素を巧みに使った新しい感覚のブレイクコア・サウンドを作り上げてアーティストとしての幅の広さと実力の高さを証明してみせた。

    2016年にMurder Channelからリリースしたミニアルバム『Itch』では、モジュラーシンセを大幅に取り入れたメロディアスでオルタナティブなアシッドコアを披露。優れたプログラミングに加えて、Stazmaの作曲家としての才能も見事に現れた名作として未だに人気が高い名作となっている。近年はPRSPCT RVLTからの12"レコードのリリースやDJ Skull Vomitとのコラボレーション・シングル、EnduserやMonster Xのリミックス・アルバムで強烈な個性を発揮しており、今後のブレイクコア・シーンを背負って立つ存在となるであろう。
    2,160円
    注文数:
  • Cycheouts G / Pilling CD + T-shirst + 特典DLコード
    Cycheouts G / Pilling CD + T-shirst + 特典DLコード
    唯一無二のプログラミング・スキルとサンプリング・センスを駆使して作られる圧倒的なオリジナリティとクオリティを持った作品の数々で、長年に渡って日本のダンスミュージック・シーンにおいて絶対的な存在としてジャンルや世代を超えて支持され続けている帝王「サイケアウツG」がMurder Channelから新作EP『Pilling』をリリース!

    今作でも、鋭く尖ったノイズを用いたインダストリアル・サウンドとヘヴィーウェイトかつクリーンなベース、そしてサイケアウツ印の高品質なアーメン・ブレイクが合わさったサイケアウツGにしか作り出せない完全無欠の楽曲を収録。
    前半はハーフステップ~ドラムンベースにインダストリアル・ノイズを混合させた緊張感のあるアグレッシブなトラックとなっており、後半ではオールドスクールな雰囲気と素材を巧みに取り込んだアシッディなハウスミュージックを披露している。
    リミックスには、オランダのジャングル/ブレイクコア・アーティスト「FFF」と日本のベースミュージック・アーティスト「100mado」がハイレベルなリミックスを提供しており、CD版にはサイケアウツGの神業ともいえるアーメン使いが全面に出た「Adam 2018 」が追加収録。

    インダストリアル~ハウス~ドラムンベース~ノイズ~アシッド、その他にも様々なジャンルや音の断片が緻密に混ざり合い生み出された呪術的なサイケアウツGのサウンドが凝縮された新たな名作が誕生!

    サイケアウツGのCD未収録の新曲がダウンロード出来るDLコード付き!


    コメント///

    12年ほど前『HAKAI』という曲のリミックスをお願いして以来、その曲はずっとWAGDUGライブのSEで使わせて頂いています!そんないつも刺激を与えてくれる唯一無二のサイケアウツサウンドに当然の事ながら今回もやられてます!!
    KYONO (WAGDUG FUTURISTIC UNITY/ T.C.L)

    「こ、ここは!?異世界?」
    再生した瞬間死んで、異世界に転生できるCDが出ました。
    圧倒的な「圧」、暗闇の中を手探りで進みながらもどこにも手が届かない「奥行」、左右に果てしなく広がる「空間」。
    サイケアウツGの圧倒的異世界クオリティのサウンドが今回も炸裂しています。
    80sシネマティックアトモスフィアから始まり、徐々ピーキーなノイズ&ドラムが刻まれていく「Koas Future Zero」をはじめ、ジャンルの論法をリスペクトしつつも、その「一歩先」を異世界サウンドクオリティで提示するサイケG最新作。
    特にパーカッシブな3連符をフィーチャーした「Adam2018」は、アシッドなフレーズにダークなサウンドスケープ、うねるスクエアベースに繰り返し打ち付けらられるリズムが日本人のDNAを掻き立てる怪作。
    平成の時代が終わる狭間に登場したサイケアウツG、今度の年号は「異世界」に決定です!!!
    DJ SHARPNEL/JEA


    アーティスト / サイケアウツG
    タイトル / Pilling
    レーベル / Murder Channel
    品番 / MURCD-042
    発売日 / 12月26日

    Track List

    1. Kaos Future Zero
    2. 200.10.80
    3. Adam 2018 (CD Bonus Track)
    4. Aleph Machine
    5. Feeling
    6. Kaos Future Zero (FFF Remix)
    7. 200.10.80 (100mado Remix)

    Tシャツ素材:GILDAN 6.0oz
    ボディーカラー:Black
    着丈 S(70.5) / M(72.0) / L(75.5) / XL(79.5)
    身幅 S(46.5) / M(51.5) / L(55.5) / XL(60.5)
    袖丈 S(17.0) / M(17.5) / L(19.0) / XL(20.0)
    肩幅 S(44.0) / M(47.5) / L(51.0) / XL(58.0)

    視聴
    4,644円
    種類:
    注文数:
  • Cycheouts G / Pilling
    Cycheouts G /  Pilling
    唯一無二のプログラミング・スキルとサンプリング・センスを駆使して作られる圧倒的なオリジナリティとクオリティを持った作品の数々で、長年に渡って日本のダンスミュージック・シーンにおいて絶対的な存在としてジャンルや世代を超えて支持され続けている帝王「サイケアウツG」がMurder Channelから新作EP『Pilling』をリリース!

    今作でも、鋭く尖ったノイズを用いたインダストリアル・サウンドとヘヴィーウェイトかつクリーンなベース、そしてサイケアウツ印の高品質なアーメン・ブレイクが合わさったサイケアウツGにしか作り出せない完全無欠の楽曲を収録。
    前半はハーフステップ~ドラムンベースにインダストリアル・ノイズを混合させた緊張感のあるアグレッシブなトラックとなっており、後半ではオールドスクールな雰囲気と素材を巧みに取り込んだアシッディなハウスミュージックを披露している。
    リミックスには、オランダのジャングル/ブレイクコア・アーティスト「FFF」と日本のベースミュージック・アーティスト「100mado」がハイレベルなリミックスを提供しており、CD版にはサイケアウツGの神業ともいえるアーメン使いが全面に出た「Adam 2018 」が追加収録。

    インダストリアル~ハウス~ドラムンベース~ノイズ~アシッド、その他にも様々なジャンルや音の断片が緻密に混ざり合い生み出された呪術的なサイケアウツGのサウンドが凝縮された新たな名作が誕生!

    コメント///

    12年ほど前『HAKAI』という曲のリミックスをお願いして以来、その曲はずっとWAGDUGライブのSEで使わせて頂いています!そんないつも刺激を与えてくれる唯一無二のサイケアウツサウンドに当然の事ながら今回もやられてます!!
    KYONO (WAGDUG FUTURISTIC UNITY/ T.C.L)

    「こ、ここは!?異世界?」
    再生した瞬間死んで、異世界に転生できるCDが出ました。
    圧倒的な「圧」、暗闇の中を手探りで進みながらもどこにも手が届かない「奥行」、左右に果てしなく広がる「空間」。
    サイケアウツGの圧倒的異世界クオリティのサウンドが今回も炸裂しています。
    80sシネマティックアトモスフィアから始まり、徐々ピーキーなノイズ&ドラムが刻まれていく「Koas Future Zero」をはじめ、ジャンルの論法をリスペクトしつつも、その「一歩先」を異世界サウンドクオリティで提示するサイケG最新作。
    特にパーカッシブな3連符をフィーチャーした「Adam2018」は、アシッドなフレーズにダークなサウンドスケープ、うねるスクエアベースに繰り返し打ち付けらられるリズムが日本人のDNAを掻き立てる怪作。
    平成の時代が終わる狭間に登場したサイケアウツG、今度の年号は「異世界」に決定です!!!
    DJ SHARPNEL/JEA


    アーティスト / サイケアウツG
    タイトル / Pilling
    レーベル / Murder Channel
    品番 / MURCD-042
    発売日 / 12月26日

    Track List

    1. Kaos Future Zero
    2. 200.10.80
    3. Adam 2018 (CD Bonus Track)
    4. Aleph Machine
    5. Feeling
    6. Kaos Future Zero (FFF Remix)
    7. 200.10.80 (100mado Remix)

    視聴
    1,620円
    注文数:
  • Deformer / The Living Dead Deformed
    Deformer / The Living Dead Deformed
    ブレイクコアやジャングル、ハード・ドラムンベース・シーンを中心に様々なジャンルのリスナーやアーティストから高い評価を受けているMike Redmanのソロプロジェクト「Deformer」がリリースした名作ソンビ映画「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」のトリュビュート作!

    映画のセリフやサウントラを素材に、ブレイクコア~ハード・ドラムンベース~ジャングル~メタルをミックスしたダークでハードコアな内容!
    アートワークは「死霊のはらわた」、「エルム街の悪夢」、「フェノミナ」、「サンタ・サングレ」など数多くのホラー映画のフィルムポスターを手掛けているGraham Humphreysが担当したホラー映画好きにもたまらない1枚!カラーバイナル仕様&ダウンロードコード付き!

    MxCx online store限定で「The Living Dead Deformed」のステッカーもプレゼント!

    アーティスト: Deformer
    タイトル: The Living Dead Deformed
    レーベル: Redrum Recordz
    品番: RED050

    Track List

    A1.Devoured By The Dead
    A2.Chief McClelland
    B1.Feast Upon The Flesh
    B2.Death Shuffle
    1,566円
    注文数:
  • XANGADIX LIVES! Original Motion Picture Soundtrack by Mike Redman
    XANGADIX LIVES! Original Motion Picture Soundtrack by Mike Redman
    1992年に公開されたオランダのホラー映画「The Johnsons」の25周年を記念して制作されたドキュメンタリー作品「XANGADIX LIVES!」の限定サウンド・トラックLPが入荷!

    サウンド・トラックを手掛けたのはDeformerとしても活動しているマルチ・アーティスト「Mike Redman」が全曲の作曲と演奏を担当!DeformerやThe Travel、Voodoomなどの作品で聴けるダークで神秘的なサウンドがクローズアップされていて、Mike Redmanの底知れぬ才能が感じられる内容。
    「The Johnsons」はオランダのホラー映画シーンにおいて絶大な影響力を持っており、当時はアメリカや日本でも公開され、今だにマニアなホラー映画ファン達からカルト的な人気を得ています。
    ホラー映画ファンは勿論の事、Mike Redman/Deformerのファンにもオススメの1枚!
    少数枚数のみですのでお早めに!


    アーティスト: Mike Redman
    タイトル: XANGADIX LIVES! Original Motion Picture Soundtrack
    レーベル: Redrum Recordz
    品番: RED052

    Track List

    A1:Xangadix Lives!
    A2:Jackson Whites/johnson Blues
    A3:Production Disaster
    A4:Dr. Johnson's Legacy
    A5:Favorite Kills
    A6:The Johnsons
    B1:Creating Evil
    B2:Quality Control
    B3:Garbage Strike
    B4:Disposal Plant
    B5:Making A Horror Movie
    B6:Xangadix '94
    B7:Main Theme / End Credits

    2,268円
    注文数:
  • The Hard Way / The Hard Way
    The Hard Way / The Hard Way

    ブレイクコア・シーンを代表するアーティスト「Bong-Ra」とハード・ドラムンベース/スカスステップのパイオニア「Limewax」、そしてハード・ドラムンベース/クロスブリード・シーンの最重要レーベル「PRSPCT」のレーベルオーナーにしてトップDJの「Thrasher」によるユニット「The Hard Way」の1stアルバム!

    ドラムンベース~インダストリアル~ハードコア~スカルステップ~ブレイクコア~パンクを完璧に融合させた邪悪な世界観を持った異次元レベルのトラックにThrasherのパンクスピリット溢れるラウドなギターとボーカルが炸裂するハイブリッド・サウンドを披露した全曲捨て曲無しの傑作!
    アグレッシブでダークなダンスミュージック好きは確実にマスト!


    アーティスト
    : The Hard Way
    タイトル: The Hard Way
    レーベル:PRSPCT
    品番: PRSPCT THW 001

    Track List

    1.No Snow No Show
    2.Devil Worshipping Motherfuckers
    3.Dead Rockstars
    4.The Hard Way 
    5.Meatstick         
    6.Total Fucking Nihilism   
    7.Sodomizer       
    8.Halal Breaks (Bring The Porkchops)          
    9.THW Wrecking Crew     
    10.Suck Satan's Cock (1997 VIP)    
    11.Pentagram Of Coke      
    12.Humor Of The Tumor 
    13.Crackhouse Warming Party        
    14.Devil Worshipping Motherfuckers (Live At The Blue Oyster Bar)




    1,500円
    注文数:
  • Dub Elements / Party Program
    Dub Elements / Party Program

    ハード・ドラムンベース/クロスブリード・シーンの最重要レーベル「PRSPCT」から2012年にリリースされていたスペインのドラムンベース・ユニット「Dub Elements」のデビューアルバムが入荷!

    近年はEDM系ダンストラックやダブステップもリリースしているDub
    Elements
    ですが、このデビューアルバムでは迫力のあるマッシブなハード・ドラムンベース/クロスブリードやメタリックなダブステップを中心としたとなっており、「Chicago」、「Bass to the tope VIP」といったハード・ドラムンベース・シーンに残る名曲を収録した名盤アルバムとして今も人気の1枚!コラボレーションではGancher&RuinCounterstrikeeRReAlexander 
    Headといったハード・ドラムンベースシーンのアーティスト達が参加!ハード・ドラムンベース好きは絶対マスト!

    アーティスト
    : Dub Elements
    タイトル: Party Program
    レーベル:PRSPCT
    品番: PRSPCTCD003

    Track List

    1. Threat
    2. Extreme Punishment
    3. Black Ninja
    4. Murder
    5. Loaded (with Counterstrike )      
    6. Truth Rising
    7. Chicago (with Gancher & Ruin)
    8. Back to the game
    9. Go Party ! (with Alexander Head )            
    10.Rude awakening
    11.Never give up !
    12.Bass to the tope VIP (with Erre)

    アルバム視聴
    https://soundcloud.com/dub-elements/sets/the-dub-elements-party-program

    1,500円
    注文数:
  • V.A. / The PRSPCT Family Album
    V.A. / The PRSPCT Family Album

    2013年にリリースされたハード・ドラムンベース・レーベル「PRSPCT」のコンピレーションCDが入荷!

    Limewax & Thrasher
    DJ HiddenEye-DSinister SoulsLowrollerI:gorGancher& RuinCounterstrike & Bong RaHallucinatorCoohDonny& Dub Elementsなど、PRSPCTに縁のあるハード・ドラムンベース/クロスブリード/ハードコア・アーティスト達による最強のクオリティを持ったエクスクルーシブ・トラックを収録!
    長きにわたってハード・ドラムベース・シーンをリードしているPRSPCTの魅力がこの1枚にギッシリと凝縮されています!ハード・ドラムンベース入門にも最適!



    アーティスト
    :V.A.
    タイトル: The PRSPCT Family Album
    レーベル:PRSPCT
    品番: PRSPCTLP005CD

    Track List

    1: Whoopi of
     - Goldberg Variations
    2: Mission Statement - Eye-D
    3: Payback Time - Lowroller
    4: Dark Red - Katharsys & Cooh
    5: The Evil - Donny & Dub Elements
    6: Victim  - Gancher & Ruin
    7: PRSPCT Wrecking Crew Anthem - Limewax & Thrasher
    8: Skullsplitter - Sinister Souls
    9: The Raw Universe - DJ Hidden
    10: Biohazard - Current Value & Cooh
    11: Total Confusion - I:gor
    12: Possessed - Counterstrike & Bong Ra feat. Johnny Petterson
    13: Death will Set Us Free - Hallucinator

    アルバム視聴
    https://soundcloud.com/prspct-recordings/the-prspct-family-album-promo

    1,500円
    注文数:
  • Venetian Snares / Traditional Synthesizer Music
    Venetian Snares / Traditional Synthesizer Music
    ブレイクコア界の帝王Venetian Snaresが自身主宰レーベル「Timesig」から2016年にリリースしたモジュラーシンセイを使ったフルアルバム!

    プリミティブなモジュラーの電子音とアシッディーなシンセがVenetianらしいカオティックな高速ビートと交わって生まれた独創性が高い楽曲を収録!
    Venetian Snaresが作りだす魅惑の電子音が凝縮された深みのある傑作アルバム!

    アーティスト:Venetian Snares
    タイトル:Traditional Synthesizer Music
    レーベル:Timesig
    品番:TIMESIG005
    フォーマット:CD

    Track List

    1.Dreamt Person v3
    2.Everything About You Is Special
    3.Slightly Bent Fork Tong v2
    4.Magnificent Stumble v2
    5.Decembers
    6.Can't Vote For Yourself v1
    7.You And Shayna v1
    8.Goose And Gary v2
    9.Anxattack Boss Level19 v3
    10.She Married A Chess Computer In The End
    11.Health Card10
    12.Paganism Ratchets
    1,500円
    注文数:
  • Nymphomatriarch(Venetian Snares+Hecate) / Nymphomatriarch
    Nymphomatriarch(Venetian Snares+Hecate) / Nymphomatriarch
    ブラックメタルにブレイクコアやハードコアをミックスした邪悪なサウンドでコアな人気を得ており、Christoph FringeliやBong-Raとのユニットでも活動していたRachael KozakことHecateとブレイクコア界の帝王Venetian Snaresによる衝撃的なコラボレーション・ユニット「Nymphomatriarch」が2003年にHymenからリリースしたミニアルバムが奇跡の入荷!

    2002年にHecateとVenetian Snaresがおこなったツアー時に録音されたという両者の性行為を録音した音源を元に作られたという凄まじい内容!
    ブレイクコア・シーンにおいて最も実験的で過激な作品の一つ!CD版のアートワークも強烈ですのでご注意を!

    アーティスト:Nymphomatriarch(Venetian Snares+Hecate)
    タイトル:Nymphomatriarch
    レーベル:Hymen
    品番:\731
    フォーマット:CD

    Track List

    1. Input
    2. Blood On The Rope
    3. Amaurophilia 
    4. Hyman Tramp Choir
    5. Pervs
    6. Outlet
    1,500円
    注文数:
  • Dow Jones Brotherhood / ~ ~ ~
    Dow Jones Brotherhood / ~ ~ ~
    アメリカのベースミュージック・シーンを代表するトップアーティストであるStarkey(Planet-Mu/Ninja Tune)のレーベル「Noremixes」からオランダの「Dow Jones Brotherhood」のデビューアルバムがカセットテープで登場!

    以前はHalp名義でSeclusiasisやLowriders Recordings、そしてMYORからUKガラージやベースミュージックをリリースしていたThomas de RijkによるDow Jones Brotherhoodの楽曲はコンパクトシンセ「Teenage Engineering OP-1」をメインに使用した独特の音質のアンビエントやアブストラクトな楽曲からウェイトレスグライムまで個性的な楽曲を収録。Mumdance、Rabit、Logos、Sharp Veinsなどの音源が好きな方や一風変わったアンビエントをお探しの方はマスト!DLコード付き!

    アーティスト:Dow Jones Brotherhood
    タイトル:~~~
    レーベル:Noremixes
    品番:nore011
    フォーマット:カセットテープ

    Track List

    1. Lots of Oil 
    2. Atlantic 
    3. NYSE 
    4. 40,000k Vanilla 
    5. Multiple Mishaps 
    6. XMTR 
    7. Below Average 
    8. Slow Rise 
    9. Procter & Gamble 
    10. DJX 
    11. Above Average 

    1,026円
    注文数:
  • Grindmaster Flesh & Urban Guerrilla / Untitled
    Grindmaster Flesh & Urban Guerrilla / Untitled
    FFFが1997年から運営しているDIYレーベル「Orange Socks」が2010年に少数限定でリリースしていた「Grindmaster Flesh(FFF)」と「Urban Guerrilla(Zombieflesheater)」のハーシュなエクストリーム・サウンドのぶつかり合いを収めたスプリット・カセット!

    Grindmaster FleshはDJ 6666 feat The IllegalsやDJ Scudを彷彿とされるハーシュ・ステップからブレイクコア、デジタルハードコアなど暴力的なサウンドを披露しており、Urban GuerrillaはLAPTOPノイズにギターエフェクター、ディストーションをかませまくったパワーエレクトロニクスで応戦!
    再入荷はありませんのでお早めに!

    アーティスト:Grindmaster Flesh & Urban Guerrilla
    タイトル:Untitled 
    レーベル:Orange Socks
    フォーマット:カセットテープ

    Track List

    A.Grindmaster Flesh - Just Say Goodbye
    B.Urban Guerrilla - Faust Aleph-Null
    1,047円
    注文数:
  • Grindmaster Flesh & Urban Guerrilla - Rust In Piss / The God Particle
    Grindmaster Flesh & Urban Guerrilla - Rust In Piss / The God Particle
    オーストラリアのグラインドコア/ノイズ・レーベル「Hirntrust Grind Media」のカセットテープ専門レーベル「Fuck You Tapes」からZombieflesheaterの変名「Grindmaster Flesh」とFFFによるノイズプロジェクト「Urban Guerrilla」のスプリットが入荷!

    Grindmaster Fleshは歪みまくった凶暴なデジタルハードコアとラガコアを、Urban Guerrillaは超ストレートなパワーエレクトロニクスを収録!
    50本限定ですのでお早めに!

    アーティスト:Grindmaster Flesh & Urban Guerrilla
    タイトル:Rust In Piss / The God Particle 
    レーベル:Fuck You Tapes
    品番:FUCK008 
    フォーマット:カセットテープ

    Track List

    A.Grindmaster Flesh - Rust In Piss
    B.Urban Guerrilla - The God Particle
    1,047円
    注文数:
  • The Blood Of Heroes / REMAIN
    The Blood Of Heroes / REMAIN
    Justin K Broadrick(Godflesh/JK Flesh)、Enduser、Submerged、Dr. Israel、KJ Sawka(Pendulum)、Balazs Pandiによって結成された究極のミクスチャーバンド「The Blood Of Heroes」のリミックスアルバム!
    メンバーでもあるJustin K BroadrickとEnduserによる名曲「Remain」のリミックスでは原曲のエモーショナルな部分を更にクローズアップした素晴らしいリミックスとなっており、DalekやGator Bait Tenのリミックスも原曲の魅力を引き出しつつもそれぞれ自身のサウンドも反映させた良質なリミックスが収録!
    シューゲイザー~ブレイクコア~ダウンビート系リスナーはマスト!

    アーティスト:The Blood Of Heroes
    タイトル:Remain
    レーベル:Ohm Resistance
    品番:19M OHM
    フォーマット:CD

    Track List

    01.Descend Destroy(Joel Hamilton & Submerged Remix)
    02.Remain (Enduser Remix)
    03.Chain(Dalek Remix)
    04.Remain(Justin K Broadrick Remix)
    05.Salute to the Jugger(Bill Laswell Original Mix)
    06.Wounds Against Wounds (Kuma Remix)
    07.Remain(The Blood Of Heroes Rehearsal Version)
    08.Transcendent (Gator Bait Ten Remix)
    09.Wounds Against Wounds (Gunshae's Sunset Over English Bay Mix)
    1,350円
    注文数:
  • SCORN / Refuse;Start Fires
    SCORN / Refuse;Start Fires
    Napalm Deathの元ドラマーでありブラストビートの生みの親ミックハリスによる「SCORN」が2010年にOhm Resistanceから発表したアルバムが奇跡の入荷!

    今作はドラマーにインダストリアル・メタルバンド「Meathook Seed」やデスメタル・バンド「Benediction」などで活躍していたドラマーのIan Treacyが参加しており、ダブステップとインダストリアル、ドゥームを完璧に融合させた圧迫死寸前のカオティックなベースとドラムがのしかかってくる超ヘヴィーウエイトな傑作!
    SCORN名義では最後となったアルバムであり間違いなくSCORNのアルバムでもトップ3に入る名盤!

    アーティスト:SCORN
    タイトル:Refuse;Start Fires
    レーベル:Ohm Resistance
    品番:16M OHM
    フォーマット:CD

    Track List

    1.LT94  
    2.Amroth
    3.Insert Waggler
    4.Then Woke  
    5.Take Someone's Eye Out
    6 .Boot It 
    7.Rained On Her Birthday  
    8.Bear Felt Nowt
    9.Hands 
    10.Beaked Point  
    11.Shitwind's A-Coming</a></a>  
    12.Look At That Bill  
    1,350円
    注文数:
  • Gator Bait Ten / Harvester
    Gator Bait Ten / Harvester
    Ted Parsons(Swans/Prong/Godflesh)、Simon J. Smerdon(Mothboy)、Submerged、M.Gregor Filip(The Blood of Heroes)による激重暗黒ドゥーム・バンド「Gator Bait Ten」が2011年にリリースしたアルバムが入荷!
    ダークで浮遊感のあるギターと電子音にハードコアパンクのエッセンスを感じさせる力強いベース、そして重量感の凄まじいドラムによって作られた底なし沼に沈んでいく様なドゥーミーなサウンドを奏でています!かなり危ないアルバムです!

    アーティスト:Gator Bait Ten
    タイトル:Harvester
    レーベル:Ohm Resistance
    品番:20M OHM
    フォーマット:CD

    Track List

    01.Trawl
    02.Groundswell
    03.Trace Depth
    04.Little Things
    05.Still Heat
    06.Red Van
    07.Harvester
    08.Devil Wheel
    09.3° Echo
    1,350円
    注文数:
  • Joanna Syze / Rodina
    Joanna Syze / Rodina
    Silent Killer、FreqaxやThe Sectとのコラボレーションでハード・ドラムンベース・シーンで人気の高いボーカリスト「Joanna Syze」が2011年にOhm Resistanceからリリースしたデビューアルバム!
    幅広いボーカル・スタイルを持つJoanna SyzeにZardonic、Cause 4 Concern、SPL、Ivan Shopov(Cooh/Balkansky)、Tyhh、Loop Stepwalker、The Sectといったハード・ドラムンベース~ダークステップ・シーンのトップクリエイター達が最強のトラックを提供して作られたハード・ドラムンベース・シーンに残る傑作!

    アーティスト:Joanna Syze
    タイトル:Rodina
    レーベル:Ohm Resistance
    品番:27M OHM
    フォーマット:CD

    Track List

    1.Rodina with Zardonic
    2.Left In Dust with Tyhh
    3.Mandala with Protech
    4.Love Surreal with SPKTRM
    5.Soul Is Mine with Zardonic & Dextems
    6.Magia with Triangular Ascension
    7.Battleground with Tyhh
    8.Never Enough with SPL
    9.Abducted with Zardonic
    10.Let It Be with The Sect
    11.Rodina with Zardonic(Balkansky Remix)
    12.Final Days with Tyhh
    13.Everyday with Loop Stepwalker
    14.Your Games with Cause 4 Concern
    15.Forgive with Tyhh 
    1,350円
    注文数:
  • V.A. / OWR001-005
    V.A. / OWR001-005
    グラインドコアからノイズ、そしてブレイクコアまで幅広くエクストリーム・ミュージックを取り扱うレーベル「Omega Warfare Records」がリリースしていた限定7"レコードを纏めたコンピレーションCD!

    DJ Skull Vomitのデスメタル+ブレイクコアな「Bell Tower Massacre」やRuby My Dearの狂気が暴れ狂う危険なブレイクコア・チューン「Ay Sormaq」、ラガメタル・バンド「Skindred」をマッシュアップしたRotatorのマッスルなラガコア・チューン「Nobody (Nuff Ah Dem Remix)」などが収録!エクストリーム・ミュージック好きは必見!

    アーティスト:V.A.
    タイトル:OWR001-005
    レーベル:Omega Warfare Records
    品番:OWR001-00 5CD
    フォーマット:CD

    Track List

    1.Yudlugar & Pentadrvg - Рдянолесье 
    2.Yudlugar & Pentadrvg - Каменная Пустошь 
    3.Company Fuck - After Afterlife Disco/The Wordless Utterings of the All-ignoring Shit-God are Just Wordless Utterings/Metacarpal Vividness is Still All You'll Find (Medley) 
    4.Santisima Virgen Maria - Clapping Song/Quality Song/Love Song (Medley) 
    5.DJ Skull Vomit - Bell Tower Massacre 
    6.Ladyscraper - Knob Snot 
    7.Drugzilla - Face the Feast of Powder/Circle of Mania 
    8.Skat Injector - Post-coital Strangulation / Orgasms Reaped Through Sadistic Design 
    9.Rotator - Nobody (Nuff Ah Dem Remix) 
    10.Ruby My Dear - Ay Sormaq
    1,000円
    注文数:
  • Noirodyn / Construct Deconstruct
    Noirodyn / Construct Deconstruct
    Vile Enginez名義でハードコア・ドラムンベース・レーベル「Sub/Version」から12"レコードをリリースしていたFernando Narvàez PerezがNoirodyn名義でのフルアルバムをドイツのインダストリアル/エクスペリメンタル系ブレイクコア・レーベル「PRAXIS」からリリース!

    これぞブレイクコア!と言いたくなるディストーションブレイクとノイズを容赦なく暴力的にミックスした超ストイックでハードな楽曲が満載!初期のPeace Off関連やAMBUSH、Suburban Trash、そしてPRAXISなどのブレイクコア好きにはタマラナイ内容!
    ノイジーでハーシュなインダストリアル・ブレイクコアを軸にしながらもダークステップやハードコア・ドラムンベースの要素も多く含まれていてダークステップ/ハードコア・ドラムンベース好きにもオススメ!

    アーティスト:Noirodyn
    タイトル:Construct Deconstruct
    レーベル:Praxis
    品番:Praxis 54
    フォーマット:CD

    Track List

    1.Poisonous
    2.Hold On Tight
    3.Face It
    4.Disonsil
    5.Float' N Drop
    6.Blemshera
    7.The Chase
    8.Right Wing Politicians Can't Fight Us
    9.Dynamix
    10.Winter Zen
    11.Loaded
    12.Scarlet
    13.Alone In The Cold
    14.With The Lights Out
    15.Hopeless Drum Addict
    16.Alice (Extended Instrumental Version)


    1,500円
    注文数:
  • Method Of Defiance / The Only Way To Go Is Down
    Method Of Defiance / The Only Way To Go Is Down
    2006年にSublight Recordsから発表されたBill LaswellとSubmergedによる「Method Of Defiance」のファーストアルバム!
    ハード・ドラムンベースにスカスステップ~テックステップの要素も加えたアーメン・ブレイクが鳴り響くSubmergedのダークでアグレッシブなトラックにBill Laswellの重みのあってグルービーなベース、Toshinori Kondoのフリーキーなサックス、Guy Licataのタイトなドラムが重なり、ジャズとドラムンベースの狂気が融合したブルータルでカオスなアルバムとなっています!ブレイクコア/ハード・ドラムンベース・アーティストのEnduserも1曲参加!

    現在はレーベルがクローズしてしまった為にCDを入手するのが難しかったのですが海外のディストリュビューションから奇跡的に入荷する事に成功!少数枚数のみですのでお早めに!

    アーティスト:Method Of Defiance
    タイトル:The Only Way To Go Is Down 
    レーベル:Sublight Records
    品番:SLR1301 
    フォーマット:CD

    Track List

    1.Internal Revolt
    2.Holiday In Guantanamo
    3.Let Your Body Take Control
    4.Resculpted Flesh
    5.The Only Way To Go Is Down
    6.The Unfathomable Depths Where Dreams Lie
    7.Torture Photos
    8.Unforgiven
    9.Real Recognise Real
    1,500円
    注文数:
  • Ivan Shopov / Lights & Shadows
    Ivan Shopov / Lights & Shadows
    PRSPCTやPosition ChromeからのEP/アルバムのリリースやLimewaxとのユニット「Looh」、Dean RodellとCurrent Valueとのユニット「Underhill」などでハード・ドラムンベース/ダークステップ・シーンを長年に渡ってリードしているCoohことIvan Shopovによるアートブック!500冊限定で本人のサインとシリアルナンバー入り!

    イラストレーターとしても活動しており自身の作品のカバーを数多く手掛けていたIvan ShopovがPosition Chrome、L/B Recordings、Ohm Resistanceなどからリリースしたレコードのアートワークなどを纏めた貴重な1冊!Ivan Shopov名義でのアルバムも付いたゴージャズな内容です!



    3,240円
    注文数:
  • Stazma The Junglechrist / Hello Nanny!
    Stazma The Junglechrist / Hello Nanny!
    現在のブレイクコア・シーンのトップに君臨するStazma The Junglechristが2010年にアメリカのブレイクコア/レイブコア系レーベル「Reactionary」からリリースした200枚限定の8センチCDが入荷!
    暴力的に叩き込まれるガバキックとアーメンに荒々しいラガマフィンやメタルギターをマッシュアプしたパンキッシュなラガコアをメインにした初期衝動溢れる1枚!初期Stazmaの勢いが収められた傑作!

    アーティスト : Stazma The Junglechrist
    タイトル : Hello Nanny!
    レーベル : Reactionary
    品番 : React:08

    Track List

    1.I Like Fishdicks!
    2.Ravers Nemesis
    3.BamBamDabalamBam
    4.Junglist Dead Boy
    5.Last Breath Of A Dead Rasta
    432円
    注文数:
  • Videopacolypz / Videopacolypz G2012
    Videopacolypz / Videopacolypz G2012
    Deformerでも御馴染みのMike Redmanが「Videopacolypz」名義のアルバムをリリース!
    78年にヨーロッパと米国で発売されていたG7000をテーマにしていて8ビットの音色を使い、ダブステップ、ダブ、アシッド、ジャングル、ブレイクコアを絶妙にミックスさせた素晴らしい楽曲を収録しています!全体を通して堪能出来る低いベースサウンドとダークな雰囲気が非常に魅力的!CDと7"inch(カラーバイナル仕様)がセットになったゴージャスな1枚!このアルバムはめちゃくちゃ名盤ですよ!
    少数枚数のみ入荷したのでお早めに!

    アーティスト:Videopacolypz
    タイトル:Videopacolypz G2012 
    レーベル:Redrum Recordz
    品番:RED036 
    フォーマット:CD+7"inch record

    CD Track List

    1.Lower Levhell
    2.Video Magnet
    3.Munchmind
    4.Acid Test
    5.Videopacman
    6.Infected Interface
    7.Level One
    8.Gamespace
    9.Videopacolypz G7002
    10.Nightmare 53
    11.Gamecore

    7"inch record Track List

    A1.Lower Levhell
    B1.Gamecore 

    1,350円
    注文数:
  • Stazma The Junglechrist / Itch
    Stazma The Junglechrist / Itch
    ヨーロッパのアンダーグラウンド・エレクトロニックミュージックシーンで現在最も注目を集めているアーティストの一人である奇才ブレイクコア・アーティスト「Stazma The Junglechrist」のミニアルバムがMurder Channelから登場!

    アーティスト : Stazma The Junglechrist
    タイトル : Itch
    レーベル : MURDER CHANNEL
    品番 : MURCD-040

    Track List

    01. Infinity ... And Beyond
    02. Unstable Choir
    03. Allergic Itching
    04. Minor Manifesto
    05. The Hammer*
    06. Noise & Acid*
    07. Noise & Acid (Stunt Remix)
    08. Unstable Choir (Les Tête Au Fond Du Lac Monster X Remix)
    アシッドと高速ブレイクビーツ…
    この手法もすっかり定着した感がある。スクエアプッシャーとエイフェックス・ツインがメジャーなところか。
    個人的にはこのサウンドは全く食傷気味にならない。まだまだ「もっと来い!」の姿勢である。wisp,flashbulbなどのウワモノ泣かせ系、Venetian Snares,Luke Vibertらの大御所系有名アーティストであろうが、無名であろうが、そんな事は関係ない。
    ミクロ単位に切り刻まれたブレイクビーツの破片をもう一度組み直し、それがTB303(を代表とするアシッディーなベースサウンド)の上で鳴っていればもう、タマらん訳である。

    もったいぶらないで行こう。フランスからアシッドな乱暴者によるEPが届いた。名はStazma The Junglechrist (スタズマ・ザ・ジャングルクライスト)。ミニアルバムがマーダー・チャンネルからリリースの運びになった。

    知らない人も多いであろう。簡単になるが、どの様なヤツなのか紹介したい。
    メタルバンドのベーシストとして音楽活動を始め、08年頃からソロプロジェクトとしてStazma the Junglechristの活動をスタートさせる。この情報から、まずスクエアプッシャーからの影響はデカそうだ。
    TR.6など、ドラムの組み方とアシッド・ベースの打ち込みがオマージュか?と思う程だ。
    しかし!恐らく多くのクレイジー・ジャンキーズはTR.3でコイツのオリジナリティーを見抜いているであろう。まず、3曲目から聴いて頂いてもらいたい!で、そのヤバさを語り合いたい!(懇願)聴くアドレナリンである。

    08年にPeace Offからリリースされた若手アーティストのみをピックアップして作られたコンピレーションLP「The Kamikaze Club 07」に楽曲が収録され、デビューを果たす。その後はネットレーベルを中心に活発に作品をリリース。2010年からはPeace Offより「The Lucky Ep」、11年に「Virtual Civil War」、「Napalm Junglist」を発表。
    12年にはThe Teknoistのレーベル「Our Fucking Jungle」からDr. Bastardoとのスプリット12"レコード、13年にはPeace Offから12"レコード「Chaos Propaganda」をリリース。
    そして、ACIDとクレイジーなブレイクコア~ジャングルの登竜門的パーティー、あのBang Face Weekenderへの出演で話題を集める!
    しかもマスタリング・エンジニアとしての腕も確かで、PRSPCT、Peace Offといったレーベルの作品のマスタリングも多数手掛けており、アーティスト達からの支持も非常に高い。

    最近、イイACID COREのリリースが無いなーという欲求不満が一気に解決される贅沢EP!
    Text by GEODEZIK

    /////コメント/////

    Stazma The Junglechristの新作"Itch"
    Artworkは過去にもStazmaのジャケットを作成されたこともあるTimothée Mathelin aka Shift。ホラーチックのイラストながら今回のEPのタイトル"Itch"の邦題である"掻痒"の文字が書かれてありとてもインパクトの強いジャケット。
    このジャケットは今回のEPの楽曲のイメージに完璧に合致しており、元々の楽曲の良さをさらに高めている。裏ジャケの曲目の原曲が"ITCHES"となっているのもポイント。

    1曲目再生直後からAcid音が聞こえ好きな人にはたまらない音。そして42秒あたりから入ってくるメロディもたまらない。コレ系好きな人のツボを押さえている。

    2曲目もイントロのボイスから引き込まれる。そこから繰り出されるビートプログラミングは流石の一言。2分あたりからの展開もすごくいい。

    そしてこのEPどれも最高なのだが個人的に1番好きなのが3曲目。1分11秒あたりからのブレイクからの切り替わりがたまらなくいい。特に1分16秒から入るシンセがもう最高!!後半のビットクラッシュした音からの盛り上がりも素晴らしい。繰り返し聞きたくなる1曲。

    4曲目は音の残響が気持ちいい。他の曲にも言えることだが、Stazmaは曲の空間作りがとても上手い。あとStazmaは自身の曲のみならず、数多のアーティストからマスタリングの依頼を受ける程エンジニア能力も高い。このマスタリングの腕も合わさって、このEPも全曲通して素晴らしいクオリティになっている。

    5曲目は序盤の粘り気のあるキック&ベースがとてもいい。2分48秒からのメロディもすごく頭に残る。この曲は曲の場面展開がいくつもあり1曲で色んな美味しい味が楽しめる。

    6曲目もスゴイ作りこまれていて、数多くの技で聞き手を飽きさせない。曲の始めから終わりまで丁寧に作られている。

    7,8曲目はリミキシーズ。7曲目はStuntによるRemix。Neurohop、Neurofunkを得意とされてる方なのでベースの使い方、音がすっごくいい。アタック感の強いキックとスネアも気持ちがいい。原曲の雰囲気を残しつつのグレートなリミックス。

    8曲目のリミキサーはMonster X。このリミックスもヤバイ!イントロは原曲より不気味さが増している。それからスローな感じで曲が流れていくのかと思う2分過ぎからの展開、、、ヤバイッス、、、めっちゃいい。初めて聞いた時2分14秒から15秒の間の音で笑みがこぼれました。

    Acid,Hiphop,Metal,IDM,Jungle,Breakcore,,,複数のジャンルを取り込んだEP。是非ジャンルの垣根を越えてたくさんの人に聞いてほしい1枚です!

    Kenkotaiji
    1,080円
    注文数:
  • FFF / In Fear (特典ステッカー&ポストカード付き)
    FFF / In Fear (特典ステッカー&ポストカード付き)
    Murder Channelを代表するアーティストである、アーリーレイヴとアーメン・ブレイクをこよなく愛する「FFF」が待望のニューアルバムをリリース!
    CD盤には「CYCHEOUTS 
    GHOST」により強力なリミックスを2曲収録!

    限定ステッカーとポストカード付き!


    アーティスト: FFF
    タイトル: In Fear
    レーベル: MURDER CHANNEL
    品番: MURCD-039

    Track List

    01. Automation
    02. Murderous & Vicious
    03. Run Like A Fool
    04. Prove Yourself VIP
    05. No Hope (Trapped In Fear Remix)
    06. Amen Soldier VIP
    07. North
    08. The Other Side
    09. Crush and Bury
    10. Crush and Bury (Cycheouts Ghost remix)*
    11. Amen Soldier (Cycheouts Ghost remix)*
    ** CD BONUS TRACK

    アルバム試聴
    https://soundcloud.com/murder-channel/sets/murcd-039-fff-in-fear

    今作では90年代初期のジャングルを軸とし、彼の膨大なネタ群の中でも、70年代のクラウトロック(代表的なアーティストはドイツのCAN、NEU!など)、ノイズ、実験的な電子音楽〜ロック、ダブ等をサンプル・ソースとして積極的に取り入れている。
    ゆえに、今作は少々シリアスな印象。しかし、持ち前の爽快感は損なわれていない、という恐るべきバランス感覚の作品である。

    特に③などは、まるでP.I.Lと80年代後期のタックヘッドがルーツ・ダブの精神で溶け合っているかの如き。破壊的なレイヴ・スタブも飛び出す、かなり意欲的な一曲でテンションも異様なまでに高い。今作はFFFのターニング・ポイントに位置する非常に重要な作品だ。モッシュ少年だったのが、音楽の可能性を探るうち「作曲家」へと変貌を遂げた感もある。

    これまでのキャリアではフットワークの良さと、ユーモアの精神が重要な要素だったのが、今作ではダークで実験的な面にフォーカスが当てられている。
    ブライアン・イーノとデヴィッド・バーン(トーキング・ヘッズ)の共作"My life in the bush of ghosts"(1981年の作品なのだが、非常に興味深い内容なので、是非ともチェックしてもらいたい!)を早回しにし、割れたアーメンブレイクをブチ込んだ様な⑧には驚いた。この曲名が"the other side"という事からすると、どうもFFFは「今までの俺とは違うんだぜ」と主張している様に思えて仕方がない。
    確かにダークな曲調のものは多いが、テンションが高いので「暗い」わけではない。嬉々としながら作曲に向かっている彼の姿が目に浮かぶ。

    ⑤はドイツ、ライプツィヒの「ジャータリ」を運営する「ディスラプト」を彷彿とさせるチープなダンスホールのループから始まる。その後の展開は...なのだが、アルバム一枚を通して聴くと、緩急のバランスがとれており、またもスキルアップを感じさる。⑥「アーメン・ソルジャーV.I.P.」などを聴くと、ハードコア・ジャングリスト達の心の拠り所を感じてしまう。FFFは、90年代初期のレイヴ〜ジャングルをずっとリビルドしている、という側面を忘れてはいけない。

    CD版にのみ収録の10,11曲目はサイケアウツ・ゴーストによるリミックス。アーメン炸裂かと思いきや、このアルバムに漂う不穏な80'sニューウェーヴの空気を読み取ったディープで、スモーキンな出来具合。サスガの嗅覚!

    サンプリング・ソースの違いだけではなく、FFFの2016年作は彼の内面の変化がダイレクトに反映された非常に興味深い作品だ。ネクスト・ステージへと己を上げる姿勢がビシビシと一音一音から伝わってくる。そこで我々は気付かされる。FFFはアーティストなのだと。今後の彼のサウンドにさらなる期待が高まる。
    - TEXT By GEODEZIK
    1,500円
    注文数:
  • THE TEKNOIST / 11 YEARS OF NINJAS, SAMURAIS & ZOMBIES
    THE TEKNOIST / 11 YEARS OF NINJAS, SAMURAIS & ZOMBIES
    ハードコアを主体としながらドラムンベースとエレクトロニカの要素を多く含んだメロディアスな楽曲スタイルを確立し、長年に渡ってイギリスを中心に世界中のダンスフロアを熱狂させているハードコア・アーティスト、"The Teknoist"による初のベストアルバム!

    自身が運営するレーベル"Ninja Columbo"と"Samurai Brylkreem"からリリースされていた現在は入手不可能となっている音源を多数収録!
    PRSPCT、Peace Offのマスタリングを手掛ける「Stazma The Junglechrist」によって全曲リマスタリングされ、新しく生まれ変わった名曲の数々!

    The Teknoistの10年以上に渡る活動とUKのハードコア・シーンの歴史を体感出来る1枚!


    アーティスト : THE TEKNOIST
    タイトル : 11 YEARS OF NINJAS, SAMURAIS & ZOMBIES
    レーベル : MURDER CHANNEL
    品番 : MURCD-037

    Track List
    01. THE TEKNOIST - STATEMENT OF INTENTIONAL BITTERNESS (the re-rage)
    02. THE TEKNOIST & KITECH - COMBO KILLERS
    03. THE TEKNOIST - LION GIRL
    04. THE TEKNOIST - VICIOUS & CANNIBALISTIC
    05. THE TEKNOIST & JOHNTY WARRIOR - CHOP YOUR CHIN
    06. THE TEKNOIST - RASTAFROGIAN BAYCORE
    07. THE TEKNOIST & MACHEEEN BOI - DANIMAL
    08. THE TEKNOIST - CEPHALOPOD CARNAGE VIP
    09. THE TEKNOIST - THE CRYING CHIMERA
    10. THE TEKNOIST - OUR STYLE ACTUALY
    11. THE TEKNOIST - WIKYLEPEDIA
    12. THE TEKNOIST & JOHNTY WARRIOR - LIKE A WHIRLWIND MADE OF ZOMBIES

    アルバム試聴
    https://soundcloud.com/murder-channel/sets/murcd-037-the-teknoist-11

    「ニンジャ」に「サムライ」と、オールドスクールな誤解された日本を意識したタイトルがまず最高。単にレーベル名のアタマを取ったのでしょうが。そもそも「誤解された日本」を好むアーティストはハードコア界には多いですね。それに「ゾンビ」。
    ケミカルテイストなジャンク・フードに安酒で夜中にこれを聴きながらヘドバンしてる若者達(ちょいナードな)が目に浮かばせるところが何とも素敵。さすがジェントルの国イギリス産!ってちょい違う気が...。
    確かにTEKNOISTの曲には敷居の高 いエレクトロニカの要素もミックスされているのですが、それをナードに落とし込むスキルとセンスがビシバシ感じられます。あ、イイ人なんだろうな〜と思わせるのがジェントル云々の所以です。

    ヴォイス・サンプル、シンセ・ストリングスの多用が映画オタクです!というのが滲み出ているのも好感が持てますな。⑤の何かのヒップホップ?からかっぱらったと思われるネタ”Bang your head !"はアレク・エンパイア師匠もソロ名義の曲で使ってますが、元ネタが知りたいところ!
    ヒップホップとハードコアと言えばHellfishですが(常識!)、まずキャリアのスタートは彼に認められ名門”DEATHCHANT”から03年に第一発目のシングルを発表。翌年には自身の"NINJA COLUMBO"をブチ上げ、自分の作品や、DOLPHIN、SCHEME BOYなどもリリース。
    ターニング・ポイントは06年にエレクロトニック・ミュージックシーンの代表的なレーベルである"Planet-Mu"からのシングル・リリース。 今や一人勝ち状態のプラミューからもリリースしていたんですね。10年経った現在では信じられませんが、電子音楽のバブル期でしたね。

    ⑥はストリーミングの海賊ラジオをDAWにブチ込んだらバグってPCが勝手に作曲してしまった!というナード極まり無いスタイル!こういうのがハードコア〜電子音楽の楽しさの頂点に近い気がしますねえ。実に良い。スキルの高さを冗談混じりに魅せるTEKNOISTの世界に酔いしれてしまいます。

    そのハイ・スキルとセンスに裏付けされたTEKNOISTの楽曲群は安定感が約束されています。ですが、次に何が飛び出すか予測がつかないのも事実。

    ネクスト・ステージに連れて行ってくれる事を願いつつ、まずは、このベスト盤で彼を讃えましょう!
    ハードコア・テクノって何?な方にもこれは自信を持ってオススメできる事を最後に付け加えます!
    - TEXT By GEODEZIK
    1,080円
    注文数:
  • Monster X / Hunter
    Monster X / Hunter
    Tigerbeat6、Bedroom Research、Peace Offといったアンダーグラウンド・シーンのトップレーベルから革新的な作品を発表し、世界中のエレクトロニック・ミュージック好き達から大きな支持を受けているエレクトロニック・アーティスト"Monster X"が初のオリジナル・ミニ・アルバムをMURDER CHANNELからリリース!

    超次元電子音楽が満載の衝撃作!エレクトロニックミュージック愛好家は絶対マスト!!!

    アーティスト:Monster X
    タイトル:Hunter
    レーベル:MURDER CHANNEL
    品番:MURCD-035
    フォーマット:CD

    Track List

    01. Hunter
    02. Rise of the manatees
    03. Even our gods dance to a new song now
    04. Flesh room
    05. Smash
    06. Eradicate the opposition
    07. Sfom (CD Bonus Track)

    アルバム試聴

    彼のサウンドを聞いていて感じたのが、名門「Ninja Tune」からアルバムとMIX CDをリリースしているKing Cannibalとの質感が似ている点だ。
    しかしそれは、Monster Xが、キャニバルも所属していた「Combat Recording」のレーベルオーナーであり、アーティストのStormfieldとのインダストリアルユニット「Fausten」での活動もある事で合点がいった。

    緻密でいて、ブルータル。不規則なリズムパターンを多く使いながらもしっかりと
    グルーヴがある。IDM、ガバ、グリッヂ、ブレイクコア、ダブ、モジュラー・ノイズの
    高次元ミクスチャー・サウンドだ。

    冒頭から不穏なシンセパッドに、否応無しに期待が高まる、グリッヂ、硬質なリズムの乱れ打ちに早速ノックアウトされるタイトルナンバー "Hunter" (M-1)。
    初期ミスター・バングルを打ち込みで再現したかの様な、先の展開が全く読めない
    グリッヂコア "Rise of the manatees" (M-2) 。アナログシンセを多用した、愉快な悪夢 "Flesh room" (M-4) 。
    このミニ・アルバムの中でも最もテンションの高い "Eradicate the opposition" (M-6)は
    確実にフロアを狂乱の渦に叩き込む。電子変調されたヴォイス、縦横無尽に飛び交う
    グリッヂ・ノイズ、4/4にも変化する硬いキックに暴走する切り刻まれたブレイクビーツ!これにハードコア・サウンドの未来を垣間見た気がする。マストです。

    ラスト "Sfom" (M-7)はこのエクスペリメンタル・ハードコア・ショウの閉幕に相応しい、
    BPM遅めの4/4ナンバー。モジュラー・シンセのリッチなノイズが効果的だ。

    このミニ・アルバムは挨拶状にして、Monster Xの魅力を余すところなく伝えてくれている。聞けば聞く程に良さが増すというハードコア・サウンドでは珍しいタイプのスタイルであるところも付け加えたい。

    出来れば、このようなアーティストのファンに是非とも聞いて頂きたい!と締めたいところなのだが、キング・キャニバルがうっすらと思い浮かぶぐらいで他に出て来ない。
    それくらいオリジナリティーに満ち溢れ、今後のハードコア~エクストリーム・シーンを
    押し進める存在なのだ。

    とにかく出来る限りのボリュームで聞いて頂きたい。そこには未知の世界が
    広がっている。
    - Text by GEODEZIK


    Monster X "Hunter" comment from Miii

     空恐ろしい程の静寂の暗闇の彼方から、得体の知れない巨獣が飛び込んでくる。イノシシのようなフォルム。皮膚は煤けた肌色が斑になって見え、ところどころにピンク色の肉がむき出しになっている。4足歩行で走ってくる”それ”の背中には、巨大な鎖が何十にもなって絡まり、まるで鎖帷子(かたびら)のようにその肥った肉体を抱えこんでいる。顔面を見れば、脳天から右頬にかけて、鉄をひん曲げたようないびつの銀色の仮面によって覆われ、隠された右目の位置には不気味な紫を湛えた光が覗いている。口からは無色の液体が垂れ落ちる。油だ。充満するは、血なまぐさい匂いと、オイルにまみれた機械の香り。

     その巨獣は、息を荒げ、油の匂いをさせながら、僕の目の前でゆっくり静止する。緊張の中での静寂は、一瞬のようにも思えて、気づけば数分も巨獣と対峙し続けているようにも感じられたが。ふとその瞬間に、咆哮が僕の耳をつんざく。それはむしろ叫びというよりは、機械の身体から発せられた鉄と鉄が擦り合わせられるような轟音と、デジタル化されたノイズのように感じられる。

     巨獣は暴走を始める。その巨大なボディの中核に大量に仕舞われていた、錆びついたアーム状の機械が、皮膚と肉に開けられた穴から盛大に伸縮を始める。巨獣は明後日の方向に走り始め、静止し、叫び声を上げながら、複雑にいくつものアームを展開させる。それに染み付いた油と血の香り。肉をまき散らしながら、また別の方向に走り始める。急発進と急停止、辺りには猛烈な悪臭と機械と肉の破片が雑多に飛び散り、また破片たち自体も”モンスター”の劇的な行動に興奮しているかのように、自らノイズを発し始める。

     それを眺めて、最初、暴力だ、と思う。いや、もっと本能的な行動意識の羅列だ、そう認識する。繰り返される、急発進と急停止。そのランダムで無意識的な暴走意欲がむき出しになっている。あの巨獣はそんな存在の象徴なのではないかと、認めたくなる。あるいは多分、この空間そのものが地獄で、僕はそこに落とされたのだ、と思う。

     何か不思議な熱を胸に湛えながら地獄絵図を眺めるその刹那、肉片が、ぎょろ、と僕を見つめたような気がする。無論、そこには目も無ければ視線も無いのだが、意志はもしかしたらあるのではないか。そう疑ってしまう。僕の細胞が共鳴するかのように疼いているのが分かる。額から静かに汗が垂れ落ちる。そういえば、やけに熱い。さっきは感じていなかったはずの体温。

     長い恍惚にも似た熱気の中、ふと気付くと、いつの間にか静寂が再び空間を支配している事に気づく。モンスターはいつの間にか消滅し、おびただしい量の肉片と機械片だけが、広い空間の中に取り残されている。最後に、頭の上半分だけを残し、果てには眼球と鉄仮面だけになったモンスターが、最後の一滴まで腐った血を地面に擦り付けながら、僕の目の前に転がり込み、停止した。不気味な目の光だけは、なぜか最後まで消え失せることが無かった。茫然としながらその光を見つめ返すと、光は完全に僕を捉え、僕の顔を不気味に照らしていた。気付けばびっしりと流れていた手汗には、確かに血なまぐさい鉄と油の臭いがした。
    - Text by Miii

    1,500円
    注文数:
  • DJ Skull Vomit / Ritual Glow
    DJ Skull Vomit / Ritual Glow
    ブレイクコアとグラインドコアを融合させた伝説的ユニット「Eustachian」のメンバーであったTony Welterによるソロユニット「DJ Skull Vomit」のデビューアルバムが完成! 
    インダストリアルな超高速ビーツにメタルギター、デスボイス、スクリーミングが合わさったミクスチャー暴君サウンド! 


    当店特典にはリミックス・シングル「Ritual Glow Remixes」付き!

    アーティスト: DJ Skull Vomit
    タイトル: Ritual Glow
    レーベル: MURDER CHANNEL
    品番: MURCD-033

    Track List

    01. Intro
    02. Bell Tower Massacre 
    03. Antigoon
    04. Ritual Glow 
    05. Gore Tech - Heretic (DJ Skull Vomit Remix)
    06. Funeral Class (feat. $peedranch)
    07. Jacinthe
    08. Daphne
    09. Deathcount - The Iron Rods (DJ Skull Vomit Remix)
    10. Dark Tarzan (feat. Stazma the Junglechrist) 
    11. Bong-Ra - Dawn of The Megalomaniacs (DJ Skull Vomit Remix)
    12. Swamp Bitch (feat. Baseck, Otto Von Schirach & Surachai)

    アルバム試聴

    ゲストには、マイアミの奇才アーティスト「Otto von Schirach」、Venetian Snareとの共作アルバムやdrenalin O.D.やPhantomsmasherでの活動でカルト的な人気を誇る「Speedranch」が参加! 

    ギターやドラムなどの生楽器に加えて最新のソフトウエアを駆使し、ブレイクコア、ドラムンベース、ダブステップ、ハードコアテクノなどのダンスミュージックや、グラインドコア、ドゥームメタル、ノイズミュージックまでもを飲み込み、バンドサウンドとダンスミュージックの過激な部分のみを抽出してミックスした超ラウドな楽曲。マシーンビートの打ち込みバンド!?とすら錯覚する程その絶妙なミクスチャーパーセンテージが双方のリスナーを満足させること間違いなし!!

    ベースミュージック・クリエイター「Miii」と、デジタル・グラインドコア・アーティストの「OZIGIRI」のリミックスを収録したスペシャルCD-R付き!

    「Ritual Glow Remixes」

    Track List 
    1. Antigoon (OZIGIRI Remix
    2. Funeral Class (Miii Remix)

    シングル試聴
    1,500円
    注文数:
  • RoughSketch / BASSDRUM:File #7
    RoughSketch / BASSDRUM:File #7
    日本を代表するハードコア・クリエイターであり、北海道を拠点に活動をおこなっている「RoughSketch」がMurder ChannelからEPをリリース!インダストリアル・ハードコアを軸としてトラップやクロスブリードを取り込んだオリジナリティー溢れる楽曲を収録!

    RoughSketchによるフロア直球の重低音ハードコア・トラックに加えて、リミックスではメタリック・ブレイクコア・アーティスト「DJ Skull Vomit」、スロバキアのハードコア・ドラムンベース・クリエイターの「Gorebug」、唯一無二のJungle/Raggacoreを作り続けるオランダの「FFF」が参加!

    アーティスト: RoughSketch
    タイトル: BASSDRUM:File #7
    レーベル: MURDER CHANNEL
    品番: MURCD-036 

    Track List

    01. Desktop Template Musicians BPM128
    02. Controller BPM140
    03. Hater's Peace BPM150
    04. Delusion BPM170
    05. Memory (Gorebug Remix)
    06. Neo Criminals (FFF Remix)
    07. Ganjapanic (DJ Skull Vomit Remix)

    アルバム試聴
    1,500円
    注文数:
  • V.A / Massacre Hits
    V.A / Massacre Hits
    Murder Channelからリリースされているハードコアな楽曲のみをコンバイルした最速最重サウンドが満載なコンピレーションCD!

    日本でも大人気の重鎮ブレイクコア・アーティスト「Bong-Ra」、デスメタル×ダークステップ×ハードコアテクノのハイブリッドで世界中のエクストリーム・ミュージック好き達から絶賛されているロシアの新鋭「SA†AN」、インダストリアルな超高速ビーツにメタルギター、デスボイス、スクリーミングが合わさったミクスチャー暴君サウンドで話題を集める「DJ SKULL VOMIT」などの海外勢に加えて、次世代グラインドコアバンド「deathcount」や札幌を拠点に活動するハードコア・テクノクリエイター「RoughSketch」、デジタルグラインダー「OZIGIRI」などの国内アーティストの楽曲を収録!

    このコンピレーションCDでしか聴けない未発表新曲も収録!エクストリーム・ミュージックを望む全ての人々にオススメ出来る1枚デス!

    価格はなんと税込500円!

    アーティスト:オムニバス
    タイトル:MURDER CHANNEL presents Massacre Hits 
    レーベル:MURDER CHANNEL
    品番:MURCD-LS2

    Track List

    01. DJ Skull Vomit / Dark Tarzan (feat. Stazma the Junglechrist) 
    02. RoughSketch / Delusion BPM170
    03. DJIPE / Sadist 
    04. FFF / Murderous & Vicious
    05. Bong-Ra / Reef Teef
    06. DJ TECHNORCH fw.宇宙海月 / 少女IN ~VIRGIN IN~ (Stazma The Junglechrist Remix)
    07. SA†AN / We have Returned
    08. Monster X / Rise of the manatees
    09. deathcount / The Iron Rods
    10. OZIGIRI / Yes! Grind No! Pop

    アルバム試聴
    https://soundcloud.com/murder-channel/ozigiri-yes-grind-no-pop-preview
    500円
    注文数:
  • Miii / Textural Nightmare
    Miii / Textural Nightmare
    東京を拠点に活動する注目のオルタナティブ・ベースミュージックアーティスト「Miii」による初のCDミニ・アルバム『Textural Nightmare』が「Murder Channel」からリリース!

    「構造上の・現実に存在する悪夢」というコンセプトを元に、Dubstep、GlitchHop、Drumstepといったベース・ミュージックを中心にダークでエモーショナルな音像を提示した楽曲を収録!


    アーティスト : Miii
    タイトル : Textural Nightmare
    レーベル : MURDER CHANNEL
    品番 : MURCD-034

    Track List

    01. G☯0d Nigh✞
    02. The G∆ME
    03. Lucid Dream
    04. Noah
    05. Wednesday
    06. Multiply Discotek VIP (CD Bonus track)
    07. Lucid Dream (2methyl Awakening Remix)
    08. Lucid Dream (Monster X Insomnia RMX)

    アルバム試聴

    /////コメント/////

    インテリジェンス溢れる次世代ビートメーカーの快作!

    今作を聴いてまず思い出したのは僕らと曲を作った時のこと。
    Miii君から送られてきたインストを最初に聴いた時、もうそれはカウンター過ぎて二人で大笑いした。
    こいつは何を考えてんだ!?と。
    EP全曲に漂うアンセム感、やはり彼のセンスはずば抜けてると確信した!
    また一緒に曲を作りたい!そう思わせてくれてありがとう!
    モテモテになってくれ!
    心からそう願ってるんだ!

    YOCO ORGAN
    1,500円
    注文数:
1 次へ >>

(全商品:69点)

表示件数:

おすすめ商品

カートの中身

カートに商品は入っていません

Murder Channel Web Link